CALS/ECとは?

CALS/ECとは、
Continuous Acquisition and Life-cycle Support/ Electronic Commerceの略称です。
日本語では、「公共事業支援統合情報システム」といいます。
従来は紙で交換されていた、公共事業の計画、調査、設計、入札、施工および維持管理に
関する書面や図画などの情報を電子化するとともに、
インターネットを活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みです。

公共事業の調査・計画、設計、入札、施工及び維持管理の各事業プロセスで発生する
図面・地図や書類、写真等の各種情報を電子化し、通信ネットワークを利用して、
関係者間及び事業プロセス間で効率的に、情報を交換・共有・連携できる環境を創出することにより、
公共事業の業務プロセスの改善が図られるものです。

具体的な取り組みの例としては、インターネットを活用して入札を行う「電子入札」や、
設計等業務成果品や工事完成図書(図面、写真、文書など)を電子データ(CD-R等)で提出する「電子納品」があります。

CALS/ECとは、「公共事業支援統合情報システム」の略称であり、従来は紙で交換されていた公共事業の計画、調査、設計、入札、施工および維持管理に関する書類や図面などの情報を電子化し、その情報を関係者間で、交換・共有・連携を図るための仕組みです。

県民の皆さんへのメリット
■公共事業の入札・契約等の過程・内容に関する情報の公開が促進され、事業の透明性が向上します。
■公共施設の維持管理が迅速になるなど、行政サービスが向上し、利便性が高まります。

受注者の皆さんへのメリット
■インターネットを利用した電子入札を行うため、移動や書類作成のコストが縮減されると共に、入札参加機会が多くなります。
■発注者や工事関係者との情報交換がより正確で迅速となり、業務の効率化、生産性の向上が図られます。

発注者のメリット
■電子入札をすることにより、入札・契約事務が効率化されます。
■書類や図面等の情報を共有、再利用することにより品質の向上や業務の効率化、コスト縮減が図られます。