※(  )書きは掲載年月日です
CALS/EC全般 電子入札 電子納品 情報共有・交換 CAD デジタル工事写真 とやま建設IT塾 環境整備 その他の質問
国土交通省のホームページに、電子納品に関する要領・基準のQ&Aがあります。こ ちらをご覧ください。
CALS/EC全般
A-1 CALS/ECとは何ですか?
 CALS/ECとは、日本語に訳すと、「公共事業支援統合情報システム」です。
 従来は紙で交換されていた、公共事業の計画、調査、設計、入札、施工および維持管理に関する書面や図画などの情報を電子化するとともに、インターネット を活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みです。
 公共事業の調査・計画、設計、入札、施工及び維持管理の各事業プロセスで発生する図面・地図や書類、写真等の各種情報を電子化し、通信ネットワークを利 用して、関係者間及び事業プロセス間で効率的に情報を交換・共有・連携できる環境を創出することにより、公共事業の業務プロセスの改善が図られるもので す。
 具体的な取り組みの例としては、インターネットを活用して入札を行う「電子入札」や、設計等業務成果品や工事完成図書(図面、写真、文書など)を電子 データ(CD-R等)で提出する「電子納品」があります。
参考:CAL/ECの概要
A-2 富山県のCALS/ECの説明会はないのですか?
 これまで、平成15年9月に整備 基本計画説明会、16年9月と17年8月に電子納品説明会を実施しました。電子納品に関しては、これらのような建設関係企業すべてを対象とした説明会の予 定はありません。 今後は、このページ(富山県CALS/ECのホームページ)を通じて、情報を随時提供していきます
電子入札
C-1 電子入札を導入すると、なぜ入札参加機会が増えるのですか?
 富山県では、入札の透明性や競争性の向上を目指して制度の改善を順次進めていま す。紙で入札を行っている現状では、事務的な制約から入札参加者の数を制限せざるをえませんが、電子入札が導入されると制約がなくなり、参加者の枠を広げ ることが可能になります。
 なお、富山県の入札制度に関する情報は、「富山県が発注する公共工事等の情報公開のページ」で公表しています。
電子納品
D-1 電子納品における「管理ファイル」とは何ですか?XML、DTDとは 何ですか?
 管理ファイルとは、電子納品の際、報告書ファイルなどとともに電子媒体に保存す るファイルです。工事の名称や、納品するファイルを作成したソフト名など の情報をXML形式で記述します。たとえば工事写真については、「デジタル写真管理情報基準(案)」に定められていますが、写真管理ソフト名、バージョン などのソフトウェア情報や、工事名や工期などの工事情報、そして撮影工種や撮影日などの写真情報を収めたファイルです。
 また、管理ファイルには、XMLファイルとDTDファイルがあり、XML(eXtensible Markup Language)は、パソコンの機種やOSが異なっても扱えるデータです。XMLファイルは、指定されたDTD(Document Type Definition)ファイルとセットで扱われます。DTDファイルについては、工事ごとに変更する必要はありませんが、電子納品要領等が改定された場 合のみ変更が考えられます。
 なお、写真管理ソフト等の電子納品支援ソフトでは、必要な情報を入力しておけば、自動的に管理ファイル(XMLファイルとDTDファイル)が作成されま す。
参考:発注図面データは電子納品しないのですが、発注図面フォルダ(Drawings)中のXMLファイルとDTDファイル は必要ですか。
D-2 電子納品に必要なソフトウェアを教えてください。
 電子納品を行うには、パソコンで情報を電子化するためのソフトウェアが必要にな ります。一般的な文書や表を作成するためのワープロ・表計算ソフトや図面 データを作成するためのCADソフト、管理ファイルを作成するための電子納品支援ソフト、ウィルス対策ソフトなどが必要になります。また、受発注者間で情 報交換、共有するための電子メールソフトが必要になります。
参考:電子納品支援ソフトの例 (12.7KB、PDF形 式)
D-3 ウイルス対策ソフトにはどんなものがありますか?注意すべきことはあ りますか?
 ウイルス対策ソフトはワクチンソフトとも呼ばれ、コンピュータをウイルスの侵入 から防ぐソフトです。電子納品に限らず、電子メールによる情報交換におい てもウイルス対策ソフトを使って、互いにウイルスを送らないように、感染しないようにしなければなりません。
 富山県として、特定のソフトメーカーや製品を推奨することはありませんが、選定の目安としては、定義ファイルの更新頻度が高い商品を選定しないと対策ソ フトの意味がありません。お近くのパソコンショップや家電量販店等で売っているものから選定して戴ければよいのではないで しょうか。
 ウイルス対策ソフトは、どのソフトを使うかよりも、ウイルス定義ファイルを常に最新の状態にしておくことの方が重要です。日々新しいウイルスが発生して います。定義ファイルを最新の状態にしておかないと、最新のウイルスに対処することができません。最新の状態にする方法については、購入されたソフトのマ ニュアル等を参考にしてください。ソフトを買ってから大体90日(新しいパソコンにあらかじめインストール(プレインストール)されている場合)ないし1 年(ウイルス対策ソフトを買った場合)は無償で最新の定義ファイルに更新することができますが、期限が過ぎると有償になります。また、古いバージョンのソ フトの場合は、最新の定義ファイルに更新できない場合があるので、注意が必要です。
D-4 ISO9660(レベル1)とは何ですか?
 ISO9660とは、ISO(International Organization for Standardization、国際標準化機構)で定められた、CD-ROMの論理ファイルフォーマット規格のことです。ISO9660には、レベル1 からレベル3までの3段階の交換レベルがあります。そのうちレベル1は一番厳しい交換レベルです。
 ISO9660(レベル1)では、CD-ROMに収録されているファイルの名称を8.3形式にする必要があります。8.3形式とは、ファイル名を(半角 英数字で)8字以内、3文字の拡張子で構成される形式です。例えば、「index.doc」は適合していますが、 「yokuarusitumon.doc」は適合していません。
 電子納品で使用する電子媒体は、一部の場合を除き、CD-Rの形式をISO9660フォーマット(レベル1)とする必要があり、電子データをCD-Rに 格納する際には、フォーマットをISO9660(レベル1)に指定する必要があります。
D-5 発注図データは電子納品しないのですが、発注図フォルダ (Drawings)中のXMLファイルとDTDファイルは必要ですか?
 発注図面フォルダ自体が不要です。
 平成16年6月に国土交通省の「工事完成図書の電子納品要領(案)」等が改訂されたことにより、格納する電子データファイルがないフォルダは作成しなく てもよくなりました。これは発注図フォルダだけでなく、他のフォルダも同様です。
D-6 CD-Rに焼かなくても国土交通省の電子納品チェックシステムで チェックすることはできますか? また、チェックシステムの使い方がわかるホームページはありますか?
 チェックシステムは、CD-Rだけでなく、ハードディスク上に作成したデータも チェックすることができます。
 国土交通省のホームページに利用マニュアルが 掲載されています。
D-7 市販の電子納品支援ソフトのチェック機能を利用して、オリジナルファ イルの禁則文字のチェックを行ったところ、膨大なエラー箇所がありました。すべて直さないといけませんか?
 オリジナルファイルの禁則文字は直すことが望ましいです。また、管理ファイル (XMLファイル)の禁則文字は必ずすべて直してください。
 長期的にデータを活用していくため、電子納品では、電子納品要領等により使用禁止の文字が定められています(禁則文字)。禁則文字には、全角英数字や半 角カタカナ、丸付き数字等機種依存文字などがあります。オリジナルファイルの禁則文字については、平成16年6月の国土交通省の「工事完成図書の電子納品 要領(案)」等の改訂で、その規定が無くなりましたが、禁則文字は使わないに越したことはありません。
D-8 電子納品で使用できる文字について教えてください。
 電子納品要領(案)の使用文字の定義を簡単に説明すると次のようになります。
 ・JIS X 0201(半角文字) : 半角片仮名以外の文字は使用可能
 ・JIS X 0208(全角文字) : 全角英数字以外の文字は使用可能
 「半角カタカナ」や「全角英数字」は使用禁止であることに注意してください。
 また、JIS X 0201(半角文字)、JIS X 0208(全角文字)に重複する文字については、JIS X 0201(半角文字)を使用するようにしてください。日本語の文字は全角、そのほかの文字は半角と覚えておけばよいでしょう。
 なお、「-」(HYPHEN-MINES)および「スペース」は、重複符号化の原則には係わらない文字であるため、全角・半角のどちらでも使用すること ができます。
参考:市販の電子納品支援ソフトのチェック機能を利用して、オリジナルファイルの禁則文字のチェックを行ったところ、膨大な エラー箇所がありました。すべて直さないといけませんか?
D-9 電子納品を行う際のフォルダ構成について教えてください。
 電子媒体(CD-R)は、開いた時に、工事(業務)管理ファイル及び管理ファイ ルを規定するDTD ファイル、各要領・基準(案)で規定されているフォルダが見える形で作成します。
 お持ちの電子納品支援ソフトによっては、電子納品成果を作成した場合、「Disk1」等のフォルダが作成され、その下に工事(業務)管理ファイル及び管 理ファイルを規定するDTD ファイル、各要領・基準(案)で規定されているフォルダが作成されるものがあります。その場合、電子納品支援ソフトによって作成された「Disk1」等の フォルダを電子媒体(CD-R)に格納する必要はありません。「Disk1」等のフォルダの下にあるファイル及びフォルダのみを電子媒体(CD-R)に格 納します。
 さらに、各要領・基準(案)で規定されているファイル及びフォルダ以外のものも、電子媒体(CD-R)に格納する必要はありません。
 フォルダ構成の詳細は、各要領・基準(案)を参考にしてください。
 なお、フォルダ名称は、建築工事の工事写真を除き、各要領・基準(案)であらかじめ決まっていますので、それに従ってください。フォルダやファイルの名 称には、日本語は使えませんが、建築工事の工事写真のみ日本語が使用できることになっています。
D-10 管理ファイルの請負者コード、受注者コードには何を記入すればよい のでしょうか?
 土木工事、建築工事の請負者コードには、富山県入札参加資格者名簿の業者番号 (8桁)を記入します。富山県入札参加資格者名簿の業者番号の詳細はこちら(富山県 入札情報サービス内の入札参加資格者情報)を参考にしてください。
 土木調査設計業務の受注者コードには、TECRISセンターから通知されるコードを記入します。TECRISに未登録で、受注者コードを持たない場合に は、「0」を記入します。
 建築設計業務の請負者コードには、業務カルテの「会社コード番号」を記入します。「会社コード番号」がない業務においては、「0」を記入します。
D-11 管理ファイルの住所コードには何を記入すればよいのでしょうか?
 土木工事の住所コードは、CORINSの「施工場所コード一覧表」より選択し記 入します。
 土木調査設計業務の住所コードは、TECRISの「業務対象地域コード」より選択し記入します。
 ここで、市区町村が合併・変更した際の住所コードは、合併・変更前の旧市区町村のコードを記入し、住所に合併・変更後の市区町村名を記入します。
 
D-12 写真管理ファイルの写真情報の記入方法について、「事故写真」の記入の目安は?
 「富山県電子納品運用ガイドライン(案)」[土木工事編]p-22の表3−2写真情報の記入の目安における「その他」の記入の目安と、同様に記 入してください。
 「富山県土木工事写真撮影要領」により、事故写真は「その他」の写真に含まれます。
 
D-13 写真管理ファイルの写真情報の「提出頻度写真」の項目の記入の仕方は?
  「富山県土木工事写真撮影要領」における、撮影箇所一覧表での写真管理項目の「撮影頻度[時期]」に示すものと同様の写真を選んで1を記入してください。
情報交換・共有
E-1 パソコンをインターネットに何台つなげればよいのでしょうか?
 CALS/ECの導入にあたって、インターネット接続は不可欠ですが、それぞれ の会社毎にIT化の実情に合った整備が必要であるため、具体的な回答はで きません。ご了承ください。インターネットにつなぐべき台数やそもそも必要なパソコン台数について、IT専門の無料相談窓口のITレスキュー隊でご相談す ることができます。一度相談されてはいかがでしょうか?
参考:IT レスキュー隊
E-2 電子メールでファイルを添付するときに注意すべきことはありますか?
 添付ファイルの大きさに注意が必要です。あまりに容量の大きいファイルを送って しまうと、相手に届くまでに時間がかかったり、最悪届かないことがありま す(この場合、英語で書かれたメールが送られてきます)。よって、大きなファイル(目安は1M(メガ)以上)を送る場合は圧縮して送るか、分割して送る必 要があります。
 電子納品の場合と同様、添付ファイルがウイルスに感染していないかを確かめることも必要です。ウイルス対策ソフトを使って送受信メールをチェックするよ うにしましょう。
 電子メールの利用にあたっては、様々な留意事項があります。こちら(PDF形式、 149KB)をご覧下さい。
E-3 ファイルの圧縮形式にはどんなものがありますか?
 こちら(電 子メールによる情報交換の留意事項、PDF形式、149KB)を参考にしてください。
E-4 他社から受け取ったCD-RがISO9660フォーマットか否かを確 認する方法はありますか?
 受け取ったCD-RのフォーマットがISO9660か否かを簡単に調べるには、 例えばiso9660listというフリーソフトがあります。 所在はVECTORで、現在は、http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se372417.htmlか らダウンロードできるかと思います。
F-1 SXF形式とは何ですか?
 現在、多くの種類のCADソフトが利用されています。一緒に仕事をしている人 や、納品先の発注者が同じCADソフトを使っているとは限りません。ある特 定のCADを使うように強制することもできません。その結果、こちらで作ったCADデータが向こうで再現できるかどうかというのは大きな問題になってきま す。
 そこで(財)日本建設情報総合センター(JACIC)が業界関係者やCADソフトメーカーに呼びかけ、「CADデータ交換標準開発コンソーシアム」を立 ち上げました。その結果開発された交換標準をSXF形式と呼んでいます。SXFの名称は、コンソーシアムの英語略称であるSCADEC(Standard CAD data Exchange format in japanese Construction field)に由来しています。SXF形式には国際標準ISO10303 STEP/AP202に則ったp21形式と、CADデータ交換のためのsfc形式の2つがあります。SXFに対応していれば、異なるCADソフト間でも情 報のやり取りができます。
 現在富山県が実施中の電子納品実証実験では、SXFの義務付けまでは行っていませんが、本運用に至るまでに、遠からずSXFが標準となります。
F-2 SXF対応のCADソフトにはどんなソフトがありますか?
 SXF対応CADソフトの選定の目安として、オープンCADフォーマット評議会 が行っているOCF検定があります。OCF検定に合格しているソフトな ら、SXFに対応しているので、その中から選べば、間違いがないでしょう。OCF検定に合格しているCADの数も決して少なくはありませんし、価格も合格 していないCADに比べて際立って高い、ということもありません。具体的にどのソフトが合格しているかはオープンCADフォーマット評議会のトップページ から「認定ソフトウェア一覧」をご覧下さい。
参考:オープンCADフォーマット評議会
    SXF形式とは何ですか?
F-3 DWG形式やDXF形式等の図面をSXF形式に変換するにはどうすれ ばよいのでしょうか?
 お持ちのCADがSXFに対応していれば、図面ファイルを読み込み、SXFに出 力可能です。また、コンバータ、トランスレータ等のソフトを使用して変換 することも可能です。
 図面ファイルの拡張子を変更するだけでは変換できませんのでご注意ください。
参考:SXF形式とは何ですか?
    SXF対応のCADソフトにはどんなソフトがありますか?
F-4 JWCADで作成した図面は、電子納品の成果として使用できますか?
 フリーソフトのJWCADは、SXFファイル形式への出力が可能です。しかし、 JWCADで出力されるSXFファイルは「レベル1」であり、「SXF レベル2 」に対応していないため、電子納品の成果としては使用できません。
 「CAD製図基準に関する運用ガイドライン(案)」(平成16年10月/国土交通省)のPage5に「電子納品されるCAD データは、2 次元データの図面交換を保証するSXF レベル2 の基準を満たすように作成されることが必要である。」との記載があります。
 「SXF レベル1 」の図面では、寸法線等の属性がない、貼り付けている画像(ラスターデータ)が文字化けする等により、データの再利用が困難となります。
 JWCやJWWファイルはSXF対応のCADソフトやコンバータ等を利用することによってSXF出力することも可能ですが、うまく表示・変換できない場 合が稀にあるので、注意が必要です。
参考:SXF対応のCADソフトにはどんなソフトがありますか?
    DWG形式やDXF形式等の図面をSXF形式に変換するにはどうすればよいのでしょうか?
F-5 CADソフトで書いた出来形管理図を電子納品する場合、CAD製図基 準(案)に基づき作成しなければならないのですか?
富山県電子納品運用ガイドライン(案)〜土木工事編〜P5-7では、CADデータ で納品する場合はCAD製図基準(案)に基づき作成し、それを確認して納品することとなっています。 なお、出来形管理図の朱書き等はCAD製図基準(案)で決められていませんので、別途受発注者協議が必要かと思います。
デジタル工事写真
G-1 有効画素数とは何ですか?
 デジタルカメラには総画素数と有効画素数があります。総画素数はデジタルカメラ に内蔵されているCCDのすべての画素数のことであり、有効画素数は実際 に使用される画素数のことで、解像度と同義語です。例えば、150万画素のデジタルカメラであっても、撮影するときの解像度(撮影モードで設定)が 1280×960ピクセルであれば(1280×960=1228800)、有効画素数は約123万画素になります。デジタル写真管理基準(案)における画 素数100万画素は、有効画素数のことです。
参考:電子納品に必要な有効画素数はいくつですか?
G-2 電子納品に必要な有効画素数はいくつですか?
 100万画素程度以上です。100万画素というのは、従来のサービス判(L判) の銀鉛写真と比べて遜色ない最低限の画質です。銀鉛写真は引き伸ばすこと によって、細部を確認できますが、100万画素のデジタル写真では、L判で見た目以上の解像度は期待できません。「デジタル写真管理情報基準(案)」で は、黒板の文字が確認できることを指標として、「100万画素程度」と定めています。
 また、最近は高解像度の(有効画素数の多い)カメラが出ています。画素数が多すぎると、ファイル容量が大きくなって不都合が生じてしまうため、注意が必 要です。
参考:有効画素数とは何ですか?
G-3 デジカメの正確な時刻合わせは必要ですか?
 必要です。デジカメで撮影した時間は、Exif情報として自動的に記録されま す。時刻が間違っていると、例えば、夜間工事でもないのに撮影時刻が0時と 不適切な記録が残ることになったりします。こういうことを避けるためにも、正確に時刻を合わせる必要があります。Exif情報は他にもシャッタースピード や絞り値、ストロボ使用の有無などが記録されています。
G-4 なぜデジタルズームを使用してはいけないのですか?
 デジタルカメラのズームには、光学ズームとデジタルズームがあります。光学ズー ムと違い、デジタルズームの場合、カメラによって自動的に画素数が小さく なってしまう場合があるからです。200万画素(1600×1200)のデジカメで撮影しても、50万画素(800×600)にしかならない場合もあり、 工事写真で必要な100万画素を下回ってしまうことがあるからです。
参考:有効画素数とは何ですか?
    電子納品に必要な有効画素数はいくつですか?


G-5 デジタル写真の印刷で注意すべきことはありますか?
 実証実験段階では紙の工事写真帳が正式な成果品になります。工事写真帳には、い わゆる写真画質(100万画素程度以上)で耐久性が高い(3年間顕著な劣 化を生じない)プリントが要求されます。これらを考慮して県では、デジカメプリントを奨めています。
 コスト面についてですが、インクジェットプリンタでL判の写真専用紙に最高画質で印刷する際の材料費(インク代・紙代)は1枚あたり30円程度かかりま す。印刷時間が1枚あたり数分かかることをコストに換算し、更に写真専用プリンタであれば減価償却費(今後2〜4年間しか使わない)も考慮すると、デジカ メプリントの方がむしろ安いと言えます。
 また、自社のインクジェットプリンタやレーザープリンタで印刷する場合は、以下の点に注意してください。
インクジェットプリンタを使用する際の注意点
 「富山県土木工事写真撮影要領」等では、「使用する用紙は、通常の使用 条件のもとで3年間程度に顕著な劣化が生じないものとする」と規定されています。 自社で印刷する場合は、使用する用紙は「写真向けの光沢紙」を標準としてください。
 印刷にあたっては、以下の点を注意・確認するようにお願いします。また、事前に県の監督員に写真見本を提示して、画 質等に問題がないか確認してもらってください。
  ・プリンタの設定が高画質・高品位でプリントされているか?
    高画質設定だと時間がかかるので、「きれい」より「はやい」モードが利用されがちです。
  ・写真用の専用紙(光沢紙)を使用しているか?
  ・インクのにじみが生じないよう、プリント後に十分乾燥させたか?
    にじみの有無は時間をおかないとわからないため、注意してください。
レーザープリンタを使用する際の注意点
 インクジェットプリンタの場合と比較して、色あせ等の劣化の問題は少な いです。しかし、インクジェットプリンタの場合と同様、画質等の確認は必ず行って ください。
参考:有効画素数とは何ですか?
    電子納品に必要な有効画素数はいくつですか?
    なぜデジタルズームを使用してはいけないのですか?
G-6 印刷後に気をつけることはありますか?
 印刷後のプリントは、高温多湿を避けて直射日光の当たらない場所に保存するよう にしてください。
 プリント後は乾燥したように見えますが、長時間重ねて保管すると、インクがにじむことがあります。プリント後はすぐに重ねないで、一晩程度十分に乾燥さ せるようにしてください。
 また、納品後のにじみや色あせ等で写真の再提出が必要となる場合が考えられますので、参考資料であってもCD-Rを破損しないように、保管には気をつけ てください。




とやま建設IT塾
H-1 とやま建設IT塾で、次の回を開けないのですが。
 とやま建設IT塾の講座では、受講者の反応や習得状況をみながら、順次教材を提 供するしくみなので、次回の教材掲載までお待ち願います。なお、現在ご覧になっているWebページや第1講座の掲示板の中にもCALS/ECに関する情報 を掲載していますので、ぜひご覧ください。
H-2 このページのCALS/ECの情報と違いがありますか?
 基本的に、それぞれの情報は同じものです。このWebページはCALS/ECに 関する情報伝達が目的です。とやま建設IT塾では、Webページのものをふまえ、内容を学習・理解することが目的になっています。そのため、講師が情報を 提供するだけではなく、メールや掲示板を通じて受講生に助言をしたり、受講生同士が情報交換できるようになっています。
H-3 無料ですが、それでも受講登録は必要ですか?
 とやま建設IT塾、インターネット市民塾において受講登録をして頂くのは、受講 費用あるいは受講者確認のためだけではありません。その講座の受講生や講師の方々との情報交換(メールによる連絡や掲示板管理)のためでもあります。この 情報交換をすることによって、学習効果を高めることができます。また、インターネット市民塾の他講座の案内など様々な情報を手に入れることができます。
H-4 閉講後の講座がありますが、もう見られないのですか?
 閉講後の講座は、フリーコンテンツとして公開していますので、見ることができま す。
参考:とやま建設IT塾
環境整備
I-1 インターネット接続サービスを選ぶポイントを教えてください。
 インターネット網につなぐためには、インターネット接続サービスを提供するプロ バイダとの契約が必要です。接続回線には、大きく分けて随時接続タイプと 常時接続タイプがあります。ダイヤルアップ(随時接続)では、速度が遅く、長時間接続すると利用料金が高額になることがあります。最近、ADSL(非対称 デジタル加入者線)やFTTH(光ファイバー)、ケーブルテレビ等のブロードバンドと呼ばれる高速で大容量、しかも低価格の常時接続タイプのサービスが次 々と登場しています。
 電子納品の実証実験、特に情報の共有・交換を行うにあたっては、常時接続のサービスをお奨めします。受発注者間の情報のやり取り等において、相手が送っ たファイルやメールが届いた瞬間に見ることができ、長時間利用しても料金を気にする必要はありません。これからインターネットへの接続を考えておられるの なら、常時接続をお奨めします。すでにダイヤルアップでインターネットに接続されている場合でも、プロバイダを変更せずに、常時接続タイプに変更すること ができますので、ご検討下さい。
 常時接続で一番重要なことは、回線やプロバイダがサービス提供地域内に入っているかどうかです。サービス提供地域が限られている場合もありますので、事 務所のある場所で使えるかどうか、ご確認して下さい。電話線やケーブルを引くことができないような場所の場合、PHSや携帯電話などの定額制データ通信 サービスを利用する方法もあります。いろいろな視点から検討してみる必要があります。
 また、困ったときのサポート体制も気にしたほうがよいでしょう。サポートが有料のプロバイダもありますので、ご確認下さい。
参考:パソコンをインターネットに何台つなげればよいのでしょうか?
その他
J-1 このサイトの表示(レイアウトなど)がおかしいのですが、どうしてで すか?
 今ご覧のWebページは、お使いのブラウザが「解釈」したHTML文書を表示し ています。ブラウザの解釈はどのブラウザでも同じというわけではなく、個 々のブラウザで違っています。ブラウザの違いだけではなく、そのブラウザのバージョンによっても違っています。
 一般的にブラウザは最新版が良いとされています。レイアウトの面でも、セキュリティの面でも、最新版の方が優れているからです。会社のシステムによって は、ブラウザが指定されていることもあるので絶対的にとは言えませんが、できるものなら最新版を利用するようにしましょう。
 このサイトもできる限り多くのブラウザで見られるように気をつけていますが、すべてのブラウザを網羅しているわけではありません。参考までに、今ご覧に なられているWebページの場合、「Internet Explorer 6」「Netscape 4.7」「Netscape 7.1」の各ブラウザでレイアウトが崩れないようにデザインしています。

J-2 このページを読んでも、まだ解決できません。どうすればいいですか?
 直接、富山県土木部建設技術企画課技術指導係に、お問い合わせください。
  〒930-8501 富山市新総曲輪1-7
  電話: 076-444-3298(直通)
  FAX: 076-444-4413
  お問合せフォーム

 なお、皆さまから寄せられた質問を、個人が特定できないような形で、このFAQに掲載することがあります。