地域連携の取り組み

飛越協議会

 富山、岐阜県両県と、富山市、高山市をはじめとする関係27市町村や商工会議所などが、平成4年に「日本の心のふるさとを守り育 てる飛越協議会」を設立し、飛越地域を「日本の心のふるさとゾーン」と位置づけ、県境を越えた整備構想や整備計画を策定し、その実現に取り組んでいます。
飛越協 議会ホームページへ                          

北アルプスゴールデンルート広域観光推進会議

 北アルプス周辺の観光圏を連結した広域圏に、国内外からの観光客を誘致増大させるため、関係団体等の広域連携を推進するととも に、周遊型・滞在型等の魅力ある広域観光ルートを形成させ、地域の観光振興、地域産業の育成・発展に資することを目的に活動を行っている。北アルプス周辺 の各市町の10の商工会議所により構成される。
                          

北アルプスゴール デンルート広域観光推進協議会ホームページへ

塩の道経済懇談会

 新潟県糸魚川市と長野県大町市、松本市、塩尻市の商工会議所では、県境を越えた地域活性化の方策や課題を検討し、様々な活動を 行っています。

越後いといがわ塩の道を歩く会

 新潟県糸魚川市の地元有志や市民グループを主体に昭和60年から『越後いといがわ塩の道の旅』という塩の道を見て歩くイベントを 毎年開催しています。

新潟県糸魚川地域振興局のホー ムページへ

塩の道祭り

 長野県の大町市、白馬村、小谷村では5月の大型連休に、昔の旅姿で塩の道を歩くイベントを行っており、平成17年で26回目を数 えました。残雪と若葉がまぶしい季節に2,000人もの大行列が旅姿に扮して歩きます。

白馬五竜観光協会のホー ムページへ

’97

 平成9年12月の中部縦貫自動車道安房トンネルの開通を記念し、松本市、高山市、富山市の3市を中心とした初の物産展が10月下 旬に開催されました。

’97

 平成11年9月に、岐阜県、富山県及び長野県の沿線市町村・商工会議所等42団体が参加して設立。
 ブリ街道を観光名所として全国発信するため、物産展などの開催の際にのぼり旗やパンフレットの配布を行っている。