【みる】    【あつくなる】    【いこう】    【まなぶ・あそぶ】


 

国道147・148号周辺


 

まなぶ・あそぶ 国宝 松本城






(長野県松本市)
 文禄2〜3年(1593〜94)に完成したといわれる5層の天守閣 を持つ城としては日本最古のものです。市街のほぼ中央にあり、桃山期の貴重な建築物として国宝に指定されています。本丸・二ノ丸の大部分は城跡公園にな り、日本民俗資料館が建てられています。
 観覧案内


 

まなぶ・あそぶ 碌山美術館






(長野県安曇野市)

 碌山美術館は、日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するために昭和33年4月、29 万9100余人の力によって、碌山の生地である北アルプスの麓・安曇野の真中に建てられました。
 入館料等


 

みる わ さび畑
(岐阜県安曇野市)
わさび畑
 水郷地帯に湧出する豊富な地下水により、75ヘクタールにも及ぶ広 大な畑で栽培されています。毎年、3月からの初春の頃から、わさびの白く可憐な花が咲き誇り砂利を敷いたうねを流れる水に美しく映えます。


 

まなぶ・あそぶ 塩の道博物館
(長野県大町市)
塩の道博物館
 大町市は「千国街道」(ちくにかいどう)の中間点にあって主要な中 継地であると共に付近より産する麻等の物資の集散地でした。塩の道博物館はこの地で代々塩問屋を営む平林家の母屋を主展示場としています。
 塩の道で活躍したボツカや牛方の身支度、道具類、塩の道に伝わる、民俗資料(押し絵雛、や七夕人形など)その他什器など展示されています。  入館料等


 

まなぶ・あそぶ 八方尾根スキー場
(長野県白馬村)
八方尾根スキー場
 標高3000m級の後立山連峰に抱かれる白馬エリアのスキー場のな かでも、圧倒的な存在感を誇ります。標高差1071m、最長滑走距離8km、総面積85万uという並外れたスケール、雪質のよさ、コースバリエーションや ベースエリアの充実ぶりは、まさに日本屈指のレベルです。
 スキー場詳細


 

まなぶ・あそぶ フォッ サマグナミュージアム
(新潟県糸魚川市)
フォッサマグナミュージアム
 フォッサマグナミュージアムは平成6年(1994年)4月25日に 糸魚川市の美山公園にある奴奈川の郷(ぬながわのさと)に開館した石の博物館です。糸魚川には約4億年前にできたヒスイから今なお活動を続ける焼山火山か ら噴出した火山岩まで、新潟県最古と最新の大地の歴史が凝縮されています。
 ご利用案内



 

北陸自動車道周辺


 

いこう 親不知ピアパーク
(新潟県糸魚川市)
親不知ピアパーク
 親不知ピアパークは、全国初の海上インターチェンジとなる北陸自動 車道親不知インターチェンジの北に位置し、親不知高架橋の高架橋下のスペース・橋脚を利用して、昭和63年の北陸自動車道の全線開通を記念して整備されま した。
 北アルプスから飛騨山脈の北端が日本海に没する断崖絶壁と海浜が織りなす雄大な自然景観を望むことが出来ます。


 

みる 親 不知・子不知
(新潟県糸魚川市)
親不知・子不知
 北アルプスの北端がガクッと日本海になられ落ちて、古来より北陸道 の最大の難所として知られています。両側に断崖と荒波が迫り,旅人が危険を冒して通過したといわれ、幾多の遭難悲話を伝え、一方、日本海に迫る懸崖、絶 壁、岩礁、洞穴など大断崖と砂浜が織り成す雄大な自然景観は比類がありません。


 

まなぶ・あそぶ 魚 津埋没林博物館
(富山県魚津市)
埋没林
 魚津の海岸で発見された特別天然記念物“魚津埋没林”をその場で保 存・展示する博物館として昭和30年に設置され、平成4年のリニューアルに際し、館のテーマとして蜃気楼も取り入れ、埋没林と蜃気楼という自然の神秘に触 れられる博物館です。
 総合案内