歴史的なつながり



塩の道

  ちくにかいどう
 千国街道の別名。信州の人々にとってかけがえのない生命の道であった千国街道の名は、遠く中世以前にさかのぼり ます。
 近世にあっては、松本城下から糸魚川までの120余キロの間を、越後では松本街道、信州では糸魚川街道と呼びました。
 信州と越後を結ぶ動脈として、塩、麻など海陸の物資が運ばれ、新道の整備される明治20年前後までは、経済路線として重要な役割を果たしてきました。
 戦国時代、越後の上杉謙信が甲斐の武田信玄に、牛馬の隊列を整えて塩を送ったというのもこの街道です。

  @ 新潟県糸魚川市HP A長野県大 町市HP B長野県白馬村HP C長野県小谷村HP


塩の道

 江戸時代から第2次世界大戦まで、飛騨、信州にとって「ブリ街 道」の役割は大変大きなものでした。
 富山湾であがったブリは、越中ブリとして牛の背に揺られて飛騨街道を越えて高山に入り、飛騨ブリと名前を変え、さらにボッカの背で野麦峠を越えて松本か ら信州の広い地域に運ばれました。
 松本地方では、ブリをもって年越しを祝う習慣があり、夢のご馳走として貴重品扱いされていました。

ブリ街 道関連ページ
←戻る