ねこと遊ぶ楽しいオモチャ選び

ねこをなでたり抱っこしたりして過ごすのも楽しいですが、ねこが動きながら楽しめる遊びも普段から取り入れていますか?

遊びを通して、飼いねこ友好な関係を築くだけでなく、室内飼育で起こりがちな運動不足の解消にもつながります。

今回のお知らせノートは、ねこが喜んで遊んでくれそうなオモチャをご紹介します。
いろんな種類のオモチャを用意してあげて、いっしょに遊んでみてはいかがでしょうか♪

ボール
ボールイラスト

ねこの動く物に敏感な反応をする習性を活かしたオモチャです。

飼い主さんが一緒にいなくても、手で弾いて転がし、追いかけるなどして遊ぶこともできます。
 遊んでいる最中、オモチャをかじることがあるので、かじっても害のないものを選びましょう。

素材の違うものや転がると音がなるものなど、形や大きさの異なるものをいくつか用意すると飽きずに遊んでくれます。

ねこじゃらし ねこじゃらし

根強い人気なのが、ねこじゃらしです。
 素早く動き、音がなり、先端が目立つ“ねこじゃらし”は、いっしょに遊ぶには欠かせないオモチャです。

上下・左右に素早く動かすと、好奇心の強いねこは飛びついてきます。
 動きだけでは反応がイマイチのねこには、動かしていると音がなるタイプや、先端がカラフルなタイプがおすすめです。

さらに、棒の素材が柔らかいタイプは素早く動かしやすく、飼い主も疲れにくいようです。

動き回るオモチャ

ねこと遊ぶオモチャは、素早く動く(動かせる)のが1つの大きなポイントです。

ぬいぐるみのように、じっとしているものは興味を引きにくいので、動かないものや動きの遅いものより、動き回るものを選ぶとよいでしょう。

ねこは物音にも敏感なので、物音やヒラヒラするものが付いているタイプもおすすめです。

動くおもちゃイラスト
レーザーポインター

何もない壁や床に光線を当てて動かすと、光の点を追いかけて遊んでくれます。
光がくっきりしているものの方が、見つけやすくねこの興味を引きやすいようです。

遊びのなかで壁や床に爪痕がつくこともあるので、多少傷ついてもいい場所で使うか、あらかじめ爪を切ってから使うようにしましょう。

捕食本能は犬よりねこの方が強いといわれています。市販のオモチャや自作のオモチャなどを運動不足の解消、コミュニケーションのツールとして利用してみてはいかかでしょうか♪
もくじに戻る