ペットの災害対策していますか?

地震や豪雨などの災害は突然やってきます。

災害が起こった時、大切なペットの避難について考えていますか?

これまでに起こった災害でも、ペットが置き去りになってしまったり、離ればなれになってしまったりしたケースが数多くあります。

災害が起こった時に、ペットの命を守るのは飼い主の責任です!

万が一の際、ペットと安全に避難できるように、日頃から備えるようにしましょう。

今回のお知らせノートでは、“避難する際に準備しておくとよい、ペットの防災用品” について、いっしょに勉強していきましょう。

人の防災用品といっしょに入れておくもの

次の用品は、“人の防災用品”の中に入れておくものです。
 避難の際、ペットの防災用品を持ち出せなかったケースや、その後ペットとはぐれてしまったケースで、最低限必要なペット用品です。

救急用品・動物手帳・ガムテープ・写真

“ガムテープ”は、災害時さまざまな場面で役に立ちますので準備しておきましょう。
 絆創膏代わりやマジックがあればメモ代わりにもなり、壊れたケージの補修にも使えます。

また“動物手帳”には、かかりつけの動物病院、食事の回数や量、持病やこれまでの健康状態なども記録しておくと良いでしょう。

ペットの防災用品として準備するもの

次の用品は、人の防災用品とは別に用意しておくとよいものです。
 避難所での生活の際、必要となるペット用品です。

キャリーバック・フード・水・食器・首輪・リード・衛生用品

“ペットフードと水”は、最低5日分の準備が必要です。

犬やねこのフードは、支援物資が届くようになると確保しやすくなりますが、その他のペットのフードは入手が難しいことがありますので、余分に準備しておきましょう。

可能であれば準備するもの

次の用品は、できる限り用意しておくとよいものです。
 必要な防災用品を揃えた後、まだ持ち出せる重さや量であれば、ペットの防災用品といっしょに入れておきましょう。

おもちゃ・ブルーシート・お手入れ用品

災害が起こると、避難所にたくさんの人やペットが集まることが予想されます。
 限られた場所で、ペットの排泄物の処理や毛の飛散・体の汚れを最低限ケアすることが求められますので、上記の用品も用意しておくとよいでしょう。

その他にも、必要な時に協力しあえるように、日頃から近隣の方とのコミュニケーションを取ることや、スムーズにケージやキャリーバックに入るしつけを行う、首輪に迷子札をつけておくことなども、大切で役立つ防災対策です。

災害はいつ起こるか分かりませんが、普段から「心の準備」と「防災用品の準備」を行っていれば、被害を軽減することができるはずです。

*消費期限や賞味期限のあるものは、定期的に新たしいものに入れ替えるようにしましょう

その他の災害対策については≪ペットの災害対策パンフレットpdf≫をご覧ください。

防災用品は持ち出しやすい身近な場所に置き、定期的に入れ替えや見直しを行ってください
もくじに戻る