ペットの洋服について

ペットショップなどでは、ペットの洋服がたくさん売られています。

もうすでに、ペットにいくつも洋服を用意している飼い主さんも多いかと思います。

着ぐるみ犬イラスト

イベントの時などにペットも仮装すると、楽しさが2倍3倍になりますよね♪

洋服を着せるのは、なにも飼い主の趣味だけではありません。

今回のお知らせノートでは、ペットに洋服を着せるメリットとデメリット、注意点を紹介します!

洋服を着させるメリット

寒さ対策

寒さに強いとされている犬でも、毛が短く、毛の層が1層構造のシングルコートの犬種は寒さに弱いといわれています。
 その中でも、特に寒さに弱い犬種として、チワワ、マルチーズ、プードル、ヨークシャーテリアなどの小型犬種が挙げられます。

外出時だけでなく、室内でも寒さを感じているようであれば、必要に応じて洋服を着せるのは防寒対策として有効です。
 しかし、暖かい部屋に戻ってペットが寒さを感じていないようであれば、洋服を脱がせるようにしましょう!
 ペットは、暑くても自分で洋服を脱ぐことができず、熱が体内にこもってしまう危険があります。

抜け毛対策

洋服を着せることで、外出先の抜け毛飛散予防になることもメリットの1つです。
 抜け毛が多くなる換毛期には、予め洋服を着せることで、床や周り物に毛を付けさせずに済みます。

抜け毛対策で着せる洋服は、室内で着用しても熱のこもりにくい薄手の素材を選ぶようにしましょう。

もちろん、抜け毛の飛散対策は日頃からのこまめなブラッシングが重要です。
 外出の前には、抜け毛をしっかり取り除くことを心がけてください。

レインコートイラスト

この他にも、雨の日にレインコートを着せれば泥よけになり、雨の散歩のお世話が楽になります。

洋服を着せることで

『ペットの体調管理』
『飼い主の負担軽減』

として役立つはずです!

洋服を着せるデメリット

ストレス

洋服を着ることに慣れていないペットに、洋服を無理やり着せることは、ストレスの原因になることがあります。

洋服が苦手な場合、オシャレで洋服を着せることを諦め、寒さ対策などは違った方法で管理するようにしましょう。

また、洋服を着せることができても、服の厚さや形状で動きがぎこちなくなったりすることがあります。
 洋服を着た後、しばらくはペットの様子を観察しましょう!

誤食の危険

装飾品が付いた洋服は、誤食につながることがあります。

日常着せる服は、軽くて動きやすいものを選びましょう。

この他のデメリットとしては、毛が服と擦れることで部分的に毛玉になることがありますので、“服を脱がせた後のブラッシング”も心がけてあげましょう。

猫に洋服は着せていい?

ねこは日常的に自分の体を舐めてグルーミングをしますが、洋服を着せると、このグルーミングができずにストレスが溜まりやすいといわれています。

術後の傷口への過剰なグルーミングや、高齢になったねこの体温調節などの対策として洋服の着用が必要なケース以外は、長時間着せることはやめましょう。

猫の着ぐるみイラスト

ペットショップでは、Tシャツやワンピース、トレーナー、浴衣、ドレスなどたくさんのペット用の洋服が売られています。

着心地の良さそうなものを選び、飼い主目が届く範囲で短時間だけ利用することを忘れずに、イベントや外出を楽しんでください。

 洋服を着たペットのかわいい姿に、もっと愛情が深まりますよ(^^)❤
もくじに戻る