夏の暑さからペットを守ろう

犬やねこは、一般的に暑さに弱いといわれています。

熱中症犬イラスト

人間は、暑いと体から汗をかいて体温を調節しますが、犬やねこの場合、汗をかく部分が主に足の裏にしかありません。

汗の代わりとして、水をたくさん飲んだり、ハァハァと舌を出して呼吸するなどを繰り返し、体の体温を逃がしています。

そのため、気温や湿度が上がる夏は、ペットの熱中症や夏バテなどに注意が必要になります。

ペットが快適に夏を過ごせるように、飼育環境を見直してみましょう!

ハウスの場所をチェックしましょう!

ハウスで休憩

屋外飼育の場合、日陰がない場所では、強い日差しから逃れることができません。

風通しの悪いハウスは、中が高温になりますので、「日陰がなくてもハウスがあれば大丈夫。」は危険です。

日陰がない場所にしかハウスを置けない場合は、パラソルやすだれなどを利用しましょう!

日陰の他にも、風通しの良い場所を選ぶことも大切です!

飼育環境を整えてあげよう

室内飼育の場合、部屋を締め切きる・日中日差しが当たり続ける場所にハウスなどを置くことは避けましょう。

エアコンや扇風機、カーテンなどを上手に使い、空気の循環や室内温度の調整を行いましょう。

散歩やお出かけの時も気配りを!

夏は日の出と共に、気温はグングン上昇します。

いつもと同じ時間帯に散歩やお出かけをすると、ペットへの負担となることがあります。
できるだけ涼しい時間帯を選んであげることも必要です。

散歩の前に地面の熱さを確認してね

日中や夕方に出かける場合、アスファルトなどが熱くなっていないか、実際に自分の手で触って確認しましょう!

人よりも背が低い犬やねこは、歩く時に地面の照り返しを強く受けます。

夏の散歩は普段より短い時間で帰ってくるようにしましょう。

 また、散歩コースもできるだけ日陰のあるコースに変更したり、公園などの砂地や芝生で行うと良いでしょう!
主な熱中症の症状を紹介します!

こんな症状があったら、体を冷やし冷水を飲ませて様子をみましょう。

・体が熱くなる ・よだれを大量に垂らす ・吐く

●症状が深刻な場合は、すぐに病院へ!

・倒れる ・痙攣や失神を起こす ・舌の色が青や紫色になる

ペットの苦手な夏を少しでも快適に!
もくじに戻る