フィラリア症 知っていますか?

毎年5月頃から動物病院などで、フィラリア症の予防についてのポスターや案内を見たり聞いたりする機会が多くなります。

多くの飼い主さんは、すでに飼い犬に処方薬を飲ませるなどして、フィラリア症の予防を行っているかと思います。

今回のお知らせノートでは、フィラリア症ってどんな病気か、予防するにはどうすればいいのか、をご紹介したいと思います!

フィラリア症ってどんな病気?

『フィラリア症(犬糸状虫症)』は、フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が、主に犬の心臓や肺に住みついて、心臓や肺、さらに肝臓や腎臓に障害を起こす病気です。

フィラリアは、蚊が病気をうつします。
既にフィラリアに感染してる動物の血を吸った蚊が、新たな未感染の動物を刺し感染します。

このときは、まだ目には見えない程度の大きさですが、体内で成長すると長さ20~30cmのそうめんのような大きさの成虫になり、新たな子虫を産みます。

フィラリアの感染経路図

*出典:共立商事株式会社 パネルより

 フィラリア症に感染してしまうと、寄生している成虫を取り除くことは難しく重症化しやすい、たいへん恐ろしい病気なのです。
予防するには“薬の服用”が一番です!
内服薬イラスト

フィラリアの予防薬は動物病院で処方されます。

病気をうつす“蚊”が出始める時期から、いなくなる時期の一か月後まで、忘れず毎月ペットに処方された薬を飲ませることで100%予防できます。

フィラリアの予防薬は、体内にフィラリアを入れさせないようにする薬ではなく、入ってきたフィラリアを1ヶ月に1度薬で駆虫するものです。
 飲ませる日が遅れると、駆虫の効果が得られず感染してしまう可能性がありますので、指定させた日に必ず飲ませるようにしましょう。

薬のタイプは、錠剤・チュアブル(オヤツ)・液状などがあります。

(詳しくは最寄りの動物病院にてご相談ください)

「室内飼育だから…」は予防しなくていい理由にはなりません。

室内飼育でも、窓の隙間や飼い主さんの出入りで、蚊が室内に入ってくる可能性はあります。

 また、散歩やお出かけの際に感染する可能性はありますので、普段室内で過ごす場合でも予防は行いましょう。
健康を守るために、フィラリアの予防や各種ワクチン接種をしましょう!
もくじに戻る