犬の身体能力

調べてみたい箇所をクリックしてください 耳 鼻 口 足 胸部 しっぽ 被毛 目

動物にはもともと持っている、すぐれた能力があります。

愛犬の適正飼育や健康管理を行うために、犬の体の特徴やしくみをよく知っておきましょう。

 |  |  |  | 背部・胸部 | 被毛 |  | しっぽ

目(視覚) 近視だけど、視野が広く、動体視力はバツグン!

犬の目は軽い近視で、遠くのものがあまりよく見えません。
ただし、動いているものをとらえる動体視力や暗がりで見る力は、人よりはるかに優れて、視野も広いようです。

また、色を感じる視細胞は、人間の10分の1ぐらいだといわれています。

犬の視覚(視力)

犬の視覚は、人の視力で表すと 0.2〜0.3 程度。
距離でいえば、2 〜 3メートル以内のものしかハッキリと見ることができないということになります。
飼い主の顔も、10〜20メートル離れると、目では判断できなくなるようです。

しかし、動きのあるものを見る能力(動体視力)はかなり発達しており、動くものには例え100メートル先でも敏感に反応します。

視覚では判断できない場合、嗅覚や聴覚などのほかの鋭い感覚で、いろいろなモノを識別しています。

視野

野生の暮らしは、周りからの情報を素早くキャッチできるモノしか、生きることができません。
犬の視野は広く、人間が約180度なのに対して、犬は約250度を見ることができるといわれています。
危険を察知したり、獲物を見つけるときなどに広い視野は役立ちます。

また、暗がりでモノを見る能力は人間の8倍といわれています。

人と犬の視野イラスト

色の識別能力

犬は、色の識別能力が低く、見分けられる色は限られているようです。
近年の研究では、青・紫・黄 の三色は見分けることができ、青や緑、その混合色を見ているようです。

赤色は認識できないという説もあり、どのような色が見えているのか、本当のところはまだ解明されていません。

豆知識 目を保護する第3のマブタがある

人には上と下にまつげがあり、目の表面の角膜や結膜をゴミやホコリから守る大切な働きがあります。
犬の睫毛(まつげ)は上にはあるのですが、下にはまつげがありません。
でも、マブタの内側には瞬膜という薄く白い膜があり、マブタを閉じると同時に、左右の瞬膜が眼球を覆いシッカリ保護しています。

ページ最上部へ

鼻(嗅覚) ニオイを嗅ぎ分ける力は、人間の約100万倍!

犬の能力(五感)で、特に優れている部分が嗅覚です。
犬種や固体によって差はありますが、ニオイを嗅ぎ分ける能力は人間の約100万倍ともいわれています。
獲物を探したり、外敵から逃れたりするために、古くから発達してきた能力なのです。

  • 補足:『人間の100万倍って?』
    空気中に漂うニオイの分子を1とした場合、犬はその濃度を100万倍薄くしても嗅ぎとることができるということです。
    ニオイを感じ取れる距離やニオイの強さが、人間の100万倍という意味ではありません。

犬の嗅覚

嗅覚細胞の数は、人が約 500万個なのに対し、犬は約2億~数十億個と推測されています。
この鋭い嗅覚を活かして、警察犬や麻薬探知犬、災害救助犬などが活躍しています。

一般的に目から鼻までの距離が長いほど、ニオイを嗅ぐ能力は優れているようです。

犬は、人などのニオイを頭の中で「イメージ」として識別することができるようです。
周りにほかのニオイが漂っていてもニオイをイメージで捕らえているため、ほかのニオイにまどわされることがほとんどないのです。

嗅ぐ行為

犬は、見ることよりもニオイを嗅ぐことで情報を収集し、どう行動するべきかを判断します。
他の犬に会ったときにお尻のニオイを嗅ぐのも、肛門腺のニオイから年齢や性別などの情報を集めるためです。

豆知識 犬も花粉症になります!

スギ花粉などによるアレルギーは、最近犬やねこでも認められるようになり、その数も結構多いということが言われています。
人の花粉症の症状がくしゃみや鼻水、咳、などであるのに対し、犬は主に皮膚の痒みや発赤、外耳炎などが症状としてみられます。
花粉が飛ぶ季節は、定期的に飼い犬の皮膚をチェックしましょう。

ページ最上部へ

耳(聴覚) 人には聴こえない小さな音や高音も聴きとるすぐれもの!

犬の能力(五感)のなかで嗅覚の次に優れているのが聴覚です。
音の大きさの聞き取りは人間の6倍、音を感じる範囲も人間の4倍、32方向まで聴き分けることができるといわれています。

聴覚が優れているため、雷や花火など突然の大きな音には、とても驚きます。

犬の聴覚

犬の耳は、寝ている間でも音をキャッチしています。
起き上がることはなくてもピクピク動いていることが、その証拠といえるでしょう。
しかし、大抵の犬は警戒心が強く、普段聞きなれない変な音を聞きつけたらすぐに起きます。

聴こえる範囲

音が聴こえてくる方向は、人間は16方向なのに対し、犬は32方向まで聴きとることができるといわて、犬は人間が聞きとれない小さな音でも逃さずに、広範囲に音をキャッチすることができます。
音をキャッチするだけでなく、その音がどこらか聞こえてくるのかも、正確に特定できます。

耳の形

犬の耳の形には「立ち耳」と「垂れ耳」があります。
一般的に聴覚は立ち耳の犬の方が、音がじかに鼓膜に届くため、音にはより敏感なようです。

耳の種類 写真

豆知識 耳で犬の気持ちがわかります。

耳がピンと立っているときは『注目や注意』、耳が倒れていると『甘え・不安』などを表しています。
犬は、体の各部分(耳・被毛・しっぽ など)の微妙な動きや体の姿勢などで、気持ちを表現します。
犬のボディランゲージに注目することで、心理状態を読み取ることができます。

ページ最上部へ

口(味覚) 匂いで味わい、肉や草などなんでも食べる!

何でも食べる雑食タイプの動物です。
犬の味覚は鈍感で、味より匂いで食べ物を判断しているようです。

犬の味覚

舌の上にある、味を見分ける味蕾(みらい)という細胞の数が、犬には人間の5分の1程度しかありません。
味覚は鈍感で、人のように、「旨味」・「苦味」などの繊細な味覚はなく、甘い・塩辛い・酸っぱいを感じることができます。

食べ物の好き嫌いは、まず匂い、次に歯ざわり・温かさの順で選んでいて、味はあまり気にしないようです。

雑食タイプ

犬は、何でも食べる雑食タイプの動物です。
祖先のオオカミは元来肉食ですが、人間と暮らすようになり、その食性も徐々に変わってきたようです。

しかし、穀物や野菜を消化する能力は人より低いので、過剰な摂取は健康を害することがありますので、与え過ぎないようにしましょう。

歯

歯の写真

犬の歯も人と同じように、乳歯から永久歯へと生え替わります。
乳歯は28本で、生後2〜3週から生えはじめ、6週目頃に生えそろいます。
その後、5〜7カ月齢の頃までに、42本の永久歯がそろいます。

犬歯(牙)が鋭く、臼歯も肉を引き裂けるように山型になっていますが、口の中に食べ物を入れた後は、よくかまずに丸飲みします。

豆知識 舌は体温調節の役割があるんです。

人のように、暑いとき汗をかいて体温を調節するメカニズムが、犬にはほとんどありません。
一般的に犬が暑さに弱いといわれる理由の1つです。
犬は暑いとき、よく舌を出します。
舌を出してハアハアと呼吸を繰り返すことで、唾液を蒸発させて熱を体の外に放出しています。

ページ最上部へ

胸部・背中(触覚) やさしく撫でられると気持ちが落ち着く

触覚は、温もりや痛みなどを感じる、生きていくために大切な感覚で、子犬の成長段階で早くから発達します。

犬はやさしく撫でられると気持ちが落ち着き、安心します。
“撫でる”ことは、コミュニケーションだけでなく、良い関係をつくるためにも大切なことです。

犬の触覚

犬が触覚を感じるところは全身にあります。

一般的には、耳のつけ根や背中、胸などをゆっくり撫でると、犬の気持ちが落ち着きます。
逆に、シッポやお尻周辺、鼻や口の周り、足の先などはとくに敏感で、触られるのが苦手な箇所です。
ですから、初対面の犬に触るときは、いきなりシッポや口周りを触ることは避けましょう。

子犬の頃から、たくさんスキンシップをとり、苦手な箇所も触れるように慣れさせておくことが重要です。
こうすることで、成犬になってからの日常のケアや、動物病院の診察などもスムーズに行えます。

豆知識 犬のヒゲは必要?

犬のヒゲは、本来「平衡感覚」や「センサー」としての働きがありました。
しかし、現代の飼い犬のヒゲは、切ってもほとんど影響はありません。
犬種によっては、定期的にヒゲを切り、顔立ちを整えたりもします。

ページ最上部へ

被毛 季節によって衣替えをします。

一部の犬種を除いて、被毛には、防水性の高い上毛(オーバーコート)と、 保温性の高い下毛(アンダーコート)の2種類があり、季節によって生え替わります。
犬の被毛が生え替わるのは、もともと寒い地方原産の種類だからです。

被毛には温度調整のほか、皮膚の乾燥を防いだり、細菌感染や外傷から皮膚を守ったりする役割もあります。

犬の毛は一定のサイクルで生え替わり、屋外で過ごす時間が長い犬では、日照時間が長く暖かい春になると、冬毛が抜けて夏毛に衣替えします。
しかし、室内飼育の場合は、電灯という人工の光を浴びている時間が長く、気温の変化も少ないため、季節に関係なく1年中、毛が生え替わる傾向があります。

オーバーコート

外側を覆っているのが、オーバーコートです。
夏の暑い日に、強い日差しから体を守り、体温が上がり過ぎないようにします。

アンダーコート

内側には、やわらかく保温性の高いアンダーコートが生えています。
冬には、このアンダーコートを増やして、寒さから身を守ります。

豆知識 被毛の構造と犬種

犬種イラスト

●被毛が下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)、二重構造の犬種…季節によって夏毛や冬毛に生え替わる
 柴犬などの日本犬、シベリアン・ハスキー、ラブラドール・レトリーバーなど

●被毛が一重構造の犬種…毛が季節によって生え替わらない
 プードル、チワワ、ヨークシャー・テリア、グレート・デンなど

ページ最上部へ

足 狩りでつちかわれた抜群の脚力

野生時代に獲物を追いつめる狩りをしていた犬の脚力は抜群です。
走るのが得意な犬種で、時速70キロにも達するといわれています。
速く走るだけでなく、長く走る能力にも優れています。
ジャンプ力も備えていて、どの犬も自分の体高の数倍の高さを飛ぶことができます。

足の裏には肉球があり、わずかに汗線があります。
肉球には、衝撃を吸収する働きや、感覚器官としての役割などをもっています。

爪 写真

犬の足の爪は、人間と同じように赤い部分と白っぽい部分があり、人間の指と同様赤い部分には神経と血管が通っています。
爪を切るときは赤い部分まで切り、それ以上切り込まないようにしましょう。
切り過ぎてしまうと、神経・血管を傷つけ非常に痛がり出血します。
また、爪の硬さは色の濃さに比例し、白い爪よりも、黒い爪の方が硬いです。

豆知識 散歩をいくらしても爪切りは必要です。

散歩を頻繁に行うと、爪は地面に擦れて自然に削れていることもあります。
「自然に削れるなら爪切りなんて必要ないんじゃ?」と思わず、定期的に爪の長さを確認しましょう。
狼爪 写真 実は、犬の足には狼爪(ろうそう・おおかみづめ)という地面に付かない指の爪があります。
(一般的には前足にありますが、後ろ足にもある犬もいます。)
この爪はいくら散歩を行っても、擦り減りません。
この爪に気が付かず、伸び放題になっていると、爪が巻き込んで皮膚に食い込んでしまう危険が…爪のケアをお忘れなく!

ページ最上部へ

しっぽ バランスをとり、感情を表現する

犬のシッポは、走ったり・飛んだり・泳いだり・急停止するための“バランス”をとる「かじ」の役目をします。
その他にも、寒い季節では体を丸くし、シッポで鼻先を覆い冷たい空気を吸わないようにする、寒さ対策の役割もあります。

しっぽの動きで犬の気持ちを推測することができます。

●ブンブンしっぽを振る … 嬉しい、楽しい、大好きのしぐさ
●唸りながらしっぽを振る … 怒っている、威嚇しているときのしぐさ
●垂れ下がり足の間に挟み込むようにする … 怖いとき、不安なときのしぐさ

犬のしっぽは、感情の喜怒哀楽で動きが変わってきます。
ただし、振っているから喜んでいる!と思い、手を差し出したら、咬まれることもあるので、しっぽだけで犬の気持ちを知ろうとせずに、その時の表情や耳の傾きなども観察しつつ、見極める必要があります。

豆知識 しっぽがない犬もいます。

コーギーやプードルなどの犬種は、しっぽがなかったりします。
生まれながらにしっぽがないのでなく、子犬のうちにしっぽを切った(断尾をした)からなのです。
実はコーギーのしっぽは、キツネのしっぽのような太くてフワフワなんですよ。

ページに記載されている、人などとの比較「○倍」やその他の数値は、諸説あり若干の違いがあります。
おおよその目安としてご覧ください。