知人から犬を譲り受けたときの手続き

「狂犬病予防法」に基づき、犬の所有者は生後91日以上の犬について、生涯1度の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を行うことが義務づけられています。

知人から犬を譲り受けたときは、所定の手続きが必要となります。

元の飼い主が登録していた場合

お住まいの各市町村の窓口で、所有者等の変更手続きを行ってください。

今まで登録を行っていなかった場合

お住まいの市町村の窓口で、新規登録の手続きを行ってください。