新たに犬を飼うときの手続き(犬の登録と狂犬病予防注射)

犬の飼い主は、生後91日以上の犬について、生涯1回の登録と、毎年1回の狂犬病予防注射を行うことが「狂犬病予防法」で義務づけられています。

新たに犬を飼うときには、所定の手続きが必要となります。

犬の登録について

登録は、お住まいの市町村窓口で随時受付しています。詳細は、市町村窓口へお問い合わせください。

狂犬病予防注射について

犬を飼ってから30日以内に、お近くの動物病院で予防接種を受けてください。
毎年4~6月は、狂犬病予防法に定める予防注射の接種時期になっております。

動物病院での登録及び注射済票交付について

●市町村の委託先動物病院で受ける場合

その病院で注射済票が交付されますので、市町村窓口で手続きする必要はありません。
注射と併せて登録を行った場合も同様です。

●その他の動物病院で受ける場合

注射済票を交付しておりませんので、動物病院(獣医師)の注射済証(証明書)をご持参のうえ、市町村窓口で交付手続きを行ってください。
 ※委託先動物病院については、各市町村の担当窓口に直接お問い合わせください。

鑑札、注射済票について

犬の登録をすると「鑑札」が、狂犬病の予防接種をすると「注射済票」が交付されます。

鑑札、注射済票はあなたの愛犬の名札です。必ず首輪に付けておきましょう。
もしも紛失した場合には、再交付申請をしてください。

登録内容の変更届について

  • 飼い犬の所在地に変更があったとき
  • 飼い主の住所・氏名に変更があったとき
  • 登録された犬を譲り受けたとき
  • 飼っている犬が死亡したとき