平成29年度高岡厚生センター氷見支所主催愛犬のしつけ方教室活動報告

平成29年10月1日(日)、10月8日(日)に、氷見高校横にある見晴らしのよい芝生広場を会場に“愛犬のしつけ方教室” を開催しました!

教室は“ボーダーコリー”や”ダルメシアン”、”ポメラニアン”などのワンちゃんたちが集まりました。

飼い主さんからは、「トイレのしつけ」や「基本的なしつけ」、「吠える」などの困り事が寄せられ、困り事やわんちゃんの体格などを踏まえ、3つのグループに別れて講習や実技指導を行いました。

お困り事に対して、叱って正しいことを教えることは、言葉の通じないワンちゃんには難しく、関係を悪くすることにつながります。

1日目の教室では、“褒めて良い行動を伸ばす”などのポイントを心がけてもらうようお願いしました。

トレーニングは焦らずゆっくり行い、いつも笑顔で接することが信頼関係アップに大切です。

2日目には、1週間トレーニングしてみての経過や成果を聞きながら、1日目のおさらいや実技トレーニングを行いました。

愛犬との生活で役立つハウスやタッチング、スムーズな散歩などといったトレーニングは、毎日行うようにしましょう。
 できるからといって“やらない”・“褒めない”では、いつの間にかできなくなってしまいますから注意しましょう。

参加してくれたワンちゃん紹介

参加してくれたワンちゃん&飼い主さんへ

その後、ワンちゃんとの暮らしはどうでしょうか?
 教室での話を参考に、飼育方法や接し方などを見直していきましょうね♪

新たな困り事やしつけ方など、分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください!

お辞儀キャラ