平成28年度新川厚生センター主催愛犬のしつけ方教室活動報告
6月19日 6月26日(両日とも晴れ☀)

新しく移転した黒部市役所を会場にして、新川厚生センター主催の愛犬のしつけ方教室を開催しました!

教室には、9組のワンちゃん(トイ・プードル や ボーダー・コリー、シベリアン・ハスキーなど)と飼い主さん家族総勢16名が集まりました。

飼い主さんからは、「ムダ吠え」や「散歩の引っ張り」、「トイレのしつけ」などの困りごとが寄せられ、グループに別れて講習や実技指導を行いました。

大型犬のグループは、散歩の引っ張りを改善するトレーニングを行いましたが、トレーニングの前に、正しいリードの持ち方について説明しました。

引っ張られる力に負けまいと、リードの持ち手にある輪っかに手首を通して、リードをグルグル巻きにして散歩している飼い主さんがいますが、その持ち方は危険です。

リードのグルグル巻きは危険です!
正しい持ち方

リードの輪が手首に引っかかって、転倒や引きずられる危険があります。

正しくリードを持つようにし、継続してトレーニングを行うことで引っ張りを改善しましょう。

2日間のしつけ方教室を通して、それぞれの飼育環境や生活スタイル、ワンちゃんの性格などをお聞きしながら、無理なくできる飼育改善やトレーニングについていっしょに考え、今後も続けてもらうようにお願いしました。

参加してくれたワンちゃん紹介

初めからレベルの高いトレーニングや不適切な接し方を行うと、望ましい結果が得られなかったり、困り事がひどくなったりすることがあります。

困り事の改善には、「無理せずにできることから!」、「継続して行う!」が大切なポイントです。

参加してくれたワンちゃん&飼い主さんへ

その後、ワンちゃんとの暮らしはどうでしょうか?
 教室での話を参考に、飼育方法や接し方などを見直していきましょうね♪

お辞儀キャラ

新たな困り事やしつけ方など、分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください!