平成28年度高岡厚生センター射水支所主催愛犬のしつけ方教室活動報告

平成28年10月29日(土) 11月12日(土)、射水市にある “クリーンピア射水 ミライクル館”で、愛犬のしつけ方教室を開催しました!

教室には、9組のワンちゃんと飼い主さんに参加いただきました。
 “チベタン・テリア”や”トイ・プードル”、”チワワとカニンヘン ダックスフンドのMix”など小型のワンちゃんが集まり、にぎやかで楽しい教室となりました。

今回のしつけ教室では「食フン」についての相談がありました。

食フンをする原因や理由を考えてみましょう。
 1つの原因としてフード(餌)が関係して起こることがあります。
 「与えるフードの量が十分であるか」や「空腹なる時間が長くないか」などを見直すことで改善されることもあります。

その他にも

“トイレのしつけで叱ってた”
“暇つぶしに食べたら習慣に…”

なども原因としてあげられます。

トイレの失敗を叱って教えようとすると、飼い主に隠れてトイレをしたり、食フンさせるきっかけになったりすることがあります。
 トイレのしつけでは叱らず、褒めて教えるようにしましょう。

留守番の前にできるだけ排泄させるなど、ウンチの管理を心がけるのも食フン対策の1つです。

参加してくれたワンちゃん紹介

これからの季節、防寒対策も適正飼育の大切なポイントです。

犬は一般的に「寒さに強く暑さに弱い」動物だといわれていますが、暖かい室内で過ごす飼い犬は寒さにも弱くなりがちです。
 暖房器具*や毛布などをうまく利用しながら、体調管理に心がけましょう。

愛犬に洋服を着させる際は、動きの妨げにならないよう体に合ったサイズを選んであげましょう。
 また、暖かい場所では脱がせるなどし、体の熱がこもらないよう注意しましょう。

*暖房器具を使用する際は、やけどや器具の転倒による火災を防止する柵を周囲に設置しましょう。

参加してくれたワンちゃん&飼い主さんへ

その後、ワンちゃんとの暮らしはどうでしょうか?
 教室での話を参考に、飼育方法や接し方などを見直していきましょうね♪

お辞儀キャラ

新たな困り事やしつけ方など、分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください!