富山市立堀川小学校 出前講座

平成28年10月25日(火)、富山市の堀川小学校で、出前講座を行いました!

調べ学習で、富山県にも処分される動物がいることを知った児童が、動物管理センターのことや処分される不幸な動物がいるということを学年のみんなに知ってもらいたいと思い、今回の出前講座を開催することとなりました。

授業の中で、富山県の動物愛護の現状や動物管理センターでの動物愛護の取組みを五年生87名のみなさんに紹介しました。

過去の処分頭数の推移や、犬猫が引き取られる理由等を説明し、動物を飼うときにしっかり考えて欲しいことを説明しました。

処分される不幸な犬猫を減らすためには、

・飼う前に飼えるかよく考えること
・飼ってからもペットのことを一生大事に飼うこと
・周りの人に迷惑をかけないように適正飼養すること
・繁殖を望まない場合は不妊・去勢手術を行うこと

この四つがとても大切です。

富山県では、処分される命を少しでも減らしたいと思い「譲渡会」を行っていることや、動物愛護を考えてもらう「動物愛護フェスティバル」、犬との触れ合い方を学ぶ「ふれあい教室」なども行っていることも紹介しました。

堀川小学校のみなさんは熱心にお話を聞いてくれて、お話の後には、犬猫からうつる病気のことや犬猫は日中どう過ごしているのかなど、たくさんの質問をいただきました。

この出前講座を機会にして、お友達や、家族と一緒に動物愛護について考えてみてくださいね。

お辞儀キャラ