中部厚生センター主催愛犬のしつけ方教室活動報告
5月30日、6月6日(両日とも晴れ☀)

動物管理センターで開催しました!

土曜日の開催ということもあり、4組の飼い主さんとワンちゃんが元気に参加してくれました♪

しつけ方教室は以下の内容です。

(1日目)

* 開会
* グループ別の実技講習
* 記念撮影
* 閉会

(2日目)

* 開会
* 講習(犬に関する法律)
* グループ別の実技講習
* 参加者全員で散歩
* 閉会

教室には、トイ・プードルやミニチュア・シュナウザー、柴犬、プードルとマルチーズのMix、チワワとポメラニアンのMix、計5頭のワンちゃんが集まってくれました♪

参加してくれたワンちゃん写真

お困り事として、「他の人を見ると吠える」や「散歩中の引っ張り」などが寄せられ、グループ別に、それぞれの困り事へのアドバイスや、“適正飼育”、“愛情表現の大切さ”についてもお話ししました。

ペットは家族の一員であり、生活に潤いを与えてくれる存在です。
 その一方、動物としての生態や習性を正しく理解していないと、問題行動や事故につながります。
 飼い主さんは、ペットの習性や本能、種類によっての特徴などを知っておくことが重要です。

犬の場合、吠えやすい犬種や運動量が豊富な犬種、縄張り意識が強い犬種など様々です。

犬種としての傾向を知っておくことと、飼い犬の性格を把握しておくことで、無理のない飼育改善やしつけトレーニングが行えます。

●詳しいトレーニング方法などをお知りになりたい方は、

“個別のしつけ方教室”にご参加ください。

参加してくれたワンちゃん&飼い主さんへ

“飼い主さんの笑顔” が、飼い犬と良い関係を築くのに欠かせない大切なポイントです。

困り事はすぐに直ることばかりではありません。
 イライラしてばかりでは、関係も困り事も悪化します。

ワンちゃんと笑顔で向き合い、すぐに成果を期待せずに、少しずつ良くなるように、接し方や飼育環境を見直していきましょう!