砺波厚生センター小矢部支所主催愛犬のしつけ方教室活動報告
9月26日、10月3日(曇り☁)

5組の飼い主さんとワンちゃんが元気に参加してくれました♪

残念ながら天候には恵まれず、1日目は開催会場を変更したり、2日目は強風のなか開始したりしまたが、予定通り2日間行うことができました♪

しつけ方教室は以下の内容です。

(1日目)

* 開会
* グループ別の実技講習
* 記念撮影
* 閉会

(2日目)

* 開会
* 講習(犬に関する法律)
* グループ別の実技講習
* 参加者全員で散歩
* 閉会

今回のしつけ方教室では、「夫と私でワンちゃんの態度が違う」といった相談が寄せられました。
 毎日いっしょに生活する家族の中でも、人によって違う行動をとることがあります。

具体的には、「お父さんがオスワリの号令をかけるとすぐにオスワリするのに、お母さんのいうことは聞かない…。」といったことはありませんか?
 普段の生活の中で、家族みんなが同じ接し方やしつけを行っていればきっとワンちゃんの態度も同じなはずです。

もし同じようなお悩みをお持ちでしたら、“ついつい甘やかしてしないか”、“接し方が人によってバラバラになっていないか”、家族みんなで話し合ってみましょう。
 接し方や態度が違えれば、ワンちゃんも相手をみて態度が異なることがありますよ!

お互いが仲良く暮らすためにも、犬種としての傾向や飼い犬の性格をしっかり把握しておきましょうね!

参加してくれたワンちゃん写真

●詳しいトレーニング方法などをお知りになりたい方は、

“個別のしつけ方教室”にご参加ください。

参加してくれたワンちゃん&飼い主さんへ

“飼い主さんの笑顔” が、飼い犬と良い関係を築くのに欠かせない大切なポイントです。

困り事はすぐに直ることばかりではありません。
 イライラしてばかりでは、関係も困り事も悪化します。

ワンちゃんと笑顔で向き合い、少しずつ良くなるように接し方や飼育環境を見直していきましょう!