4月から6月は狂犬病予防注射の実施期間です! モデル犬は「みるくちゃん」・「ティアラちゃん」・「さくらちゃん」・「みかんちゃん」・「さくらちゃん」です

富山県動物管理センターへようこそ! とやま動物愛護ホームページ

富山県では、人と動物が共生する社会の実現を目指し、
富山県動物管理センターを中心に動物愛護思想を普及させるためのさまざまな事業活動を行っています。

お知らせコメント
2018. 5.25 候補犬30-004 トライアル中です!
   2018. 5.18 候補犬30-004の飼育希望受付を募集します!
「譲渡候補犬リスト」をご覧ください。
1才未満と思われるラブラドールです♪
   2018. 5. 1 イベント案内を更新しました。
厚生センター主催の愛犬のしつけ方教室のご案内です。
   2018. 4.23 子ねこミルクボランティアの募集受付を締め切りました。
ご応募ありがとうございました。
   2018. 4. 2 平成30年度の狂犬病予防注射ポスターが出来上がりました。
犬の飼い主のみなさん、期間中に予防接種の接種をお願いします。
お知らせコメント
  2018. 5.23
今週の金曜日は、わんわパートナーの譲渡会です!
推定1才未満のラブラドール(♀)の新しい飼い主さんを募集しますので、気になる方は会いに来てください♪
“わんわんパートナー(成犬の譲渡会)” では、人に攻撃性がなく、新しい飼い主さんのお家にいっても飼いやすいワンちゃんを紹介しています。
尚、わんわんパートナーの譲渡会にご参加いただくには、譲渡会前日までに申請書の提出などが必要となりますので、事前に「成犬譲渡の手続きと流れ」をご覧ください。
  2018. 5.14
マダニに注意しましょう!
マダニは1年を通し活動していますが、一般的には春から秋にかけて活動が活発になるようです。
公園や河川敷の草むらに潜んでいることが多いので、分け入る際には注意が必要です。
マダニが媒介する主な病気として、日本紅斑熱やライム病があります。
万が一寄生された場合は、無理に引き抜こうとせずに、病院で処置してもらいましょう。
また、犬から人、ねこから人への感染が報告されている重症熱性血小板減少症候群(SFTS)もマダニを介して感染します。
日頃からダニ対策を行い、暮らしのなかでペットとの過度な接触はしないように心がけましょう。
  2018. 4.26
今週末からGWが始まります!
ペットといっしょに、旅行に出かけたりする場合、いつも以上にペットの様子を気にかけてください。
長時間の移動や初めての場所、人混みなど普段とは異なる環境に、不安などのストレスを感じるペットが多いようです。
旅行中、ペットの様子がいつもと違ったり体調が優れないように感じたら、予定を少し変更するなどのケアをお願いします。
また、見知らぬ旅先で逃走・迷子になるケースもあります。
あらかじめ、リードや首輪の金具などをしっかり点検しておきましょう。
  2018. 4.18
今年の狂犬病予防ポスターはご覧いただけましたか。
4月から6月は、狂犬病予防注射の実施期間です。
既に、集合注射の案内が各市町村から送られてきているかと思います。
日時や場所などをよく確認して参加しましょう。
狂犬病は、感染し発症すると有効な治療がない恐ろしい感染症です。
飼い犬への狂犬病予防注射の接種は、法律で定められている飼い主の義務ですから、必ず実施してください。
狂犬病については“適正飼育お知らせノート”に詳しく掲載しています。
  2018. 4.11
今月に入ってから、迷いねこの届け出が多くなっています。
ねこに自由な外出はさせず、室内だけで飼いましょう。
室内飼育の徹底は、「交通事故や感染症などの危険からねこを守る」だけでなく、「近隣への迷惑・苦情を防ぐ」ことにもなります。
ねこの適正な室内飼育のポイントについては「適正飼育 お知らせノート」をご覧ください。
迷い届け出のなかには、「発情期に伴い外出して帰ってこない」といったケースもあります。
発情のシーズンは、特にドアや窓の開け閉めに注意するとともに、繁殖を望まない場合は、速やかに不妊手術を行うようにしましょう。
  2018. 4.4
暖かい日が続いて、県内各所で桜が満開になってきています。
みなさんは、もうお花見に行きましたか?
動物管理センターの近くの桜もほぼ満開となっています。
ペットとの花見も楽しいお出かけのひとつですね。
しかし、花見会場にはたくさんの人が集まりますから、一緒に出かける際はいつも以上に注意や配慮が必要です。
飲食店が建ち並ぶ場所では、拾い食い・誤食などに注意しましょう。
また、子供たちが集まる公園などでは、突然ワンちゃんに触ろうとすることもあるかもしれません。
思わぬ事故や怪我につながらないよう、出来るだけワンちゃんから離れず周囲に気を配りましょう。
  2018. 3.22
4月から新生活を始める方も多いのではないでしょうか?
ペットといっしょに引っ越す際、注意するとよいポイントを紹介します。
「引っ越し」を理解できないペットにとって、新しい場所へ移り住むことが大きなストレスになることがあります。
特に、ねこは生活環境の変化に敏感で、飼育環境が変わると食欲不振や情緒不安定に陥ったり、場合によっては逃走の恐れもあります。
ペットが新しい環境に慣れるまで、そっと見守ることを心がけるとともに、逃走しないように戸や窓の開け閉めに十分注意しましょう。

我が家のアイドル 大きい写真はここから♪
今月は「ぶうちゃん」です!
我が家のアイドル 我が家のアイドル ペットの写真募集中
個別の飼い方教室 カレンダー

平成30年5月25日 更新

子犬・子ねこの譲渡会内容こちら わんわんパートナー内容はこちら 拡大 各厚生センター主催愛犬のしつけ方教室はこちら
ペットの災害対策していますか?
動物愛護普及啓発ポスター・パンフレット