安心して出産するために
  • ホーム
  • 富山県の周産期医療体制
  • 母子保健に関する統計
  • 富山県の母子保健事業
  • トピックス

周産期医療とは

富山県立中央病院(総合周産期母子医療センター)舟本 寛

周産期とは、出産を中心とした妊娠後期から新生児早期までの時期を言います。この期間は、母児ともに異常を生じやすく、突発的な緊急事態に備えて、一貫した総合的な医療体制が必要になってきます。
母体、胎児、新生児を総合的にケアして、母と子の健康を守るのが周産期医療です。

富山県では、総合周産期母子医療センターである富山県立中央病院と二次医療圏ごとの地域周産期母子医療センター、周産期母子医療センターを補完する周産期母子医療センター連携病院と関連施設の機能の分担と相互の連携強化を図ってい ます。そして母体または胎児のリスクが高い妊娠に対する医療や高度な新生児医療などの周産期医療を行うことができる体制を確保しています。

今回、総合周産期母子医療センターである当病院は、周産期医療情報センターから富山県における周産期医療体制、母子保健に関する統計、周産期医療に関するデータ及び情報提供を行うことを目的としHPを開設致しました。広くご活用いただき、母子保健の向上に役立てていただけると幸いです。

富山県立中央病院(総合周産期母子医療センター)
母子医療センター部長 舟本 寛

ページトップ