サブタイトル

妊娠かなと思ったらまずすること

母体と赤ちゃんの健やかな成長のために、
妊婦健診を忘れずに受診しましょう!

妊娠の心当たりがある場合は、まず市販の妊娠検査薬で試してみます。市販の妊娠検査薬は月経予定日の1週間後を使用目安としていますが、個人差がありますので、必ず産婦人科で確認が必要。月経予定日の1週間後を目安に産婦人科を受診すれば、妊娠している場合は妊娠5週目に入っていると思われますので、胎嚢(たいのう)が確認できるはずです。赤ちゃんの心臓の拍動が確認できれば、正常な妊娠として産婦人科で「妊娠届出書」を作成してくれますので、それを持ってなるべく早く住まいの市町村に提出してください。「母子健康手帳」と妊婦一般健康診査票(14回分)がもらえます。それ以降は、産婦人科の指示に従って定期的な妊婦健診を受けましょう。母体と赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうか、自覚症状がなくてもトラブルが隠れていないかチェックできます。妊娠異常の早期発見・早期治療のために、何よりお母さんと赤ちゃんの元気な出産のために、妊婦健診を忘れずに受診しましょう。

イラストクリニック

----------------

あなたが暮らす地域の妊娠・出産に関する
補助金や制度を確認しましょう。

本来妊娠は病気ではないので保険診療が適応されません。しかし、国をはじめとした自治体において、妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るために妊婦一般健康診査票を配布し、妊婦健診を公費で負担する制度が整えられています。また妊娠中に治療や検査が必要になった場合には、妊娠精密健康診査や妊産婦医療費助成などの制度が活用できることがありますので、受診している病院や市町村に確認してみてください。 約280日という妊娠期間を母子ともに安心して過ごし、元気な出産を迎えるためにも、信頼できる出産施設や担当医師を見つけることが重要。同世代の友人や出産経験者から評判をきいてみるのもひとつの手段。受診してみて、疑問に思うことを何でも気軽に質問し、納得できるまで丁寧に答えてくれる関係が築けるかどうかがポイントかもしれませんね。

イラストお金

妊娠検査料金、妊娠確定から妊婦検診までの流れ

◆お話をきいた人 / 元富山県立中央病院 中野隆医師


標準的な妊婦健診の例 (PDFが開きます)


マタニティマークについて (PDFが開きます)


----------------

妊娠中の口腔ケアについて

ふたりで「親」になる準備をしましょう。

【相談はこちらへ】
富山県女性健康相談センター
TEL.076-482-3033

【電話相談】

火・木・土曜日

AM9:00〜PM1:00

水・金曜日

PM2:00〜PM6:00

【面接相談】

まずは電話でのご予約が必要です。

火・木・土曜日

PM2:00〜PM6:00

水・金曜日

AM9:00〜PM1:00

----------------
妊娠・出産悩みほっとライン
TEL.076-482-3088

【相談員】

カウンセラーなどの専任相談員

【電話相談】

火・木・土曜日

AM9:00〜PM1:00

水・金曜日

PM2:00〜PM6:00

----------------
富山県ロゴ 富山県厚生部健康課 〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 TEL.076-444-3226 FAX.076-444-3496
goPageTop