偉人編

西暦 年号 富山の先人の出来事 社会の出来事
1912 大正1 清が滅亡し、中華民国が成立する
1913 大正2 浅野総一郎が、安田善次郎の快諾を得て、東京湾の埋め立て工事に着手する(1927[昭和2]年に完了)
1914 大正3 第一次世界大戦が始まる
1915 大正4 大谷米太郎が東京深川に東京ロール製作所を設立する
1917 大正6 黒田善太郎が商標を「国誉」に統一する ロシア革命が起こる
1918 大正7 太刀山峰右衛門が、幕内優勝9回、勝率88%の記録を残して現役を引退する 富山県に起こった米騒動が全国に広がる
1919 大正8 宇治長次郎が登山家の冠松次郎と出会う
1920 大正9 国際連盟が成立する
1921 大正10

翁久允が特派員としてワシントン軍縮会議を取材する

安田善次郎が東京帝国大学へ講堂を寄付する

室崎琴月作曲の「夕日」が発表される
1922 大正11 初代金岡又左衛門が常願寺川治水同盟会を組織し、会長となる
1923 大正12 馬場はるが、旧制富山高校の創設費用を寄付する 関東大震災が起こる
1924 大正13

馬場はるが旧制富山高校へ「ヘルン文庫」を寄贈する

正力松太郎が読売新聞社の社長に就任する
1926 大正15 赤木正雄が立山砂防工事事務所所長となる