知ってなるほど!とやまけん トップにもどる
なるほど!これが富山県
位置・面積・人口 自然 くらし 産業 教育・文化 歴史 シンボル 富山の宝、みんなの宝!

知っておこう!富山の顔

県章 昭和63年制定
豊かな自然をあらわす緑で、立山をかたちどるその中央には、「とやま」のイニシャル「と」がおかれ、空に向かってやく進する富山県をイメージしています。

県花 チューリップ 昭和29年制定全国に出荷される球根の約半分は富山県産。さいばい面積も日本一!富山県は、チューリップ球根の生産日本一。約300の品種が栽培されています。 4月の中じゅんごろから、砺波地方をはじめ各地で色とりどりの花のじゅうたんがみられます。


県鳥 ライチョウ 昭和36年制定季節によって変わるハネの色は、雪がふるとまっしろに!日 本アルプスの高山帯にすむ代表的な鳥です。「立山神の使い」といわれ、古くから県民に愛されてきました。特別天然記念物に指定されています。


県木 タテヤマスギ 昭和41年制定立山では樹齢700〜1000年の大木もみられるよ!立 山に自生するスギで、高所のきびしい寒さや雪の重みにも強いのが特長。天にむかってのびるすがたは、たくましい生命力を感じさせます。


県獣 ニホンカモシカ 昭和50年制定シカの名がつくけど牛科のなかま!森林地帯や岩場で生活しているよ。立山連峰や黒部峡谷で多くみられ、きびしい自然かんきょうの中でもくもくと生きるすがたは、ねばり強い県民性にたとえられま す。特別天然記念物に指定されてい                     ます。


県のさかな 富山湾の王者ブリ 平成8年制定
ブリは、ツバイソ(コズクラ)、フクラギ、ガンドなど、成長によってよび名が変わる出世魚(しゅっせうお)。冬のブリは、あぶらがのって特においしく「寒 ブリ」とよばれています。

県のさかな 富山湾の宝石(ほうせき) シロエビ 平成8年制定
「あいがめ」とよばれる深い海底谷(かいていだに)にすみ、富山湾が日本でただひとつの漁場です。体はあわいピンク色で、すきとおった宝石(ほうせき)の ような美しさがあります。

県のさかな 富山湾の神秘(しんぴ) ホタルイカ 平成8年制定
3月から6月にかけて、産卵のため富山湾の岸にあつまってくるホタルイカは、体にたくさんの発光器をもち、暗やみで青白く光るその様子は幻想的(げんそう てき)です。
もっと調べる
もどる すすむ
富山県のホームページへ おすすめリンク集
経営管理部 広報課 企画・報道係 電話:076-444-3133 [ お問合せフォーム ]
Copyright (c) Toyama Prefecture All rights reserved.