○富山県公文書館条例

昭和62年3月14日

富山県条例第2号

富山県公文書館条例を公布する。

富山県公文書館条例

(趣旨)

第1条 この条例は、富山県公文書館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 県政に関する重要な公文書及び県の歴史に関する文書(以下「公文書等」という。)を保存し、及びその活用を図り、もつて県政及び県の歴史に関する知識の普及と開かれた県政の推進に資するため、富山県公文書館(以下「公文書館」という。)を設置する。

(位置)

第3条 公文書館は、富山市に置く。

(利用)

第4条 知事は、公文書館において保存する公文書等を県民の閲覧に供するほか、その展示等を行い、公文書館を広く県民の利用に供するものとする。

2 知事は、公文書館の管理上支障があると認めるときは、公文書館の利用を制限することができる。

(規則への委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

富山県公文書館条例

昭和62年3月14日 条例第2号

(昭和62年3月14日施行)

体系情報
第1編 規/第3章 織/第3節 出先機関
沿革情報
昭和62年3月14日 条例第2号