統計情報ライブラリー/生活・環境全国消費実態調査

目 的と利用  
家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し、全国及び 地域別の世帯の消費、所得、資産に係る水準、構造及び分布などを明らかにすることを目的としています。結果は国や地方公共団体の施策の企画・立案はもちろ んのこと、大学や研究機関、民間会社などで有効に利用されています。
調 査の対象  
・ 全国の2人以上の世帯約51,700世帯
・ 単身世帯約4,700世帯
・ 個人収支簿による調査約700世帯
調 査する事項  
・ 毎日の収入及び支出、購入地域・購入先に関する事項
・ 主要耐久消費財に関する事項
・ 年間収入に関する事項
・ 貯蓄、借入金残高に関する事項
・ 世帯及び世帯員に関する事項
・ 現住居、現住居以外の住宅及び宅地に関する事項
・ こづかいの収支に関する事項
調 査時期と周期  
調査周期:5年ごと
最新調査::平成26年(9、10、11月の3ヵ月間)
次回調査:平成31年(9、10、11月の3ヵ月間)予定
調 査の方法  
総務省→県→市町村→指導員→調査員→世帯
 調査員が調査票(家計簿等)を配布し回収します。
結 果の公表  
国「全国消費実態調査報告」平成27年7月から順次
県「全国消費実態調査報告」平成28年3月(予定)
お問い合わせ先
富山県経営管理部統計調査課生計農林係 TEL:076-444-3194