統計情報ライブラリー/人口・自然住宅・土地統計調査

目的と利用  
住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにすることを目的として実施しています。
調査の対象  
住宅及び住宅以外で人が居住する建物並びにこれらに居住している県内の約3万2千世帯(全国約370万世帯)を抽出(H30年)
調査する事項  
居住室の数及び広さ、敷地面積、建築時期、住宅・土地の所有関係、住宅の構造・建て方・建築面積・床面積・設備、居住世帯のない住宅の種別、世帯の構成、世帯主の従業上の地位・通勤時間、世帯の年間収入等
調査時期と周期  
直近調査日:平成30年10月1日
調査周期:5年
調査の方法  
総務省−都道府県−市町村−指導員−調査員−調査世帯の流れにより、調査員が調査票を配布し、取集する方法または世帯がインターネットで回答する方法で実施
結果の公表  
総務省統計局から調査の翌年〜翌々年に順次公表されます。
<http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/index.htm>
お問い合わせ先  
富山県経営管理部統計調査課 人口労働係 TEL:076-444-3192