統計情報ライブラリー/産業鉱工業指数
鉱工業指数の概要
目的と利用  
この調査は、県内の鉱工業生産の動態を明らかにし、鉱工業に関する施策の基礎資料を得ることを目的としています。
また、景気動向観察のために利用されているのはもちろんのこと、地域間比較のための指標としても行政、産業界など各方面で広く利用されています。
調査の対象  
工業統計調査における出荷額等の構成比率(中分類ごと)の高い品目で、経済産業省生産動態統計調査や他省庁等の既存統計調査の対象となっていない品目を選定します。選定した品目について生産を行う事業所から、選定品目の生産額の県内構成比が高い事業所を工業統計準備調査名簿から有意抽出しています。
調査する事項  
事業所から生産量、出荷量、在庫量を調査し、生産量を生産指数、在庫量を生産者製品在庫指数として指数化し、鉱工業総合、業種分類別、特殊分類別に分けて毎月公表しています。
調査時期と周期  
毎月末日現在において調査しています。
調査の方法  
事業所の自計申告により調査票が提出されています。
結果の公表  
『富山県鉱工業生産の動き』(月報) 翌々月25日頃
『富山県鉱工業指数年報』(年報)  翌年9月頃
経済産業省へhttp://www.meti.go.jp/statistics/index.html
お問い合わせ先  
富山県経営管理部統計調査課商工係 пF076-444-3193(直通)