統計情報ライブラリー/産業鉱工業生産指数
富山県鉱工業生産の動き
 
(H26.7.25公表)
〜〜平成26年5月分〜〜


                   生産指数
                   在庫指数
                   主要業種別指数の推移
                   指数表・配布冊子

総合指数                   平成22年(2010年)=100、季節調整済

 
平成26年5月
前月比(%)
前年同月比(%)
生 産
    99.8
  ▲2.9       1.5
在 庫
   126.2     6.3       4.0


1 
生産指数(季節調整済指数)は99.8と前月に比べ▲2.9%となり、2ヵ月連続で低下した(図表)。
 これは13業種中、はん用・生産用・業務用機械工業、電気機械工業、金属製品工業など
6業種が低下したことによる。なお、上昇した業種は化学工業、食料品工業、窯業・土石製品工業など7業種である。
 業種別にみると、はん用・生産用・業務用機械工業は金属工作機械などの低下により前月比▲18.5%で109.6となり、電気機械工業は集積回路などの低下により前月比▲10.3%で54.8となった。他方、化学工業は医薬品などの増加により前月比7.0%の上昇で153.3となり、食料品工業は飲料などの増加により前月比9.6%の上昇で110.1となった。

 また、前年同月比(原指数)は1.5%の上昇となり、8ヵ月連続で前年を上回った。

  なお、13業種中、平成22年基準の指数
100を上回っている業種は、化学工業(153.3)、食料品工業(110.1)などの8業種となっている。

※ 主な業種別の動向は、「業種別の主な動向」(Word)


  
在庫指数(季節調整済指数)は
126.2と前月に比べ6.3%の上昇となり、2ヵ月連続で上昇した(図表)。

 これは13業種中、化学工業、パルプ・紙・紙加工品工業など
9業種が上昇したことによる。なお、低下した業種は電気機械工業、繊維工業など
4業種である。

  また、前年同月比(原指数)は4.0%の上昇となり、3ヵ月ぶりに前年を上回った。


 
主要業種別指数の推移




 
                                
 
次回公表(更新)予定日 平成26年8月25日(月)
<鉱工業指数表はこちらへ (Excel)>

<今月分の配布冊子はこちらへ(pdf)>

< 鉱工業生産指数(目次)へ戻る>

このページの感想・意見等はこちらへ

  <経済産業省(全国の数値)へ>

<中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局(北陸地域の数値)へ>