統計情報ライブラリー/生活・環境消費者物価指数
目的と利用  
消費者物価指数は、小売物価統計調査等による毎月の価格を指数化し、家計調査による消費支出金額をウエイトとして加重平均して算出しています。その結果は、「経済の体温計」として経済政策を的確に推進するための重要な指標となっています。また、賃金、公共料金や家賃の改定の際の参考に使われるなど、幅広く利用されています。
結果の公表  
調査結果は、国(総務省)において調査日の翌月末頃に公表されます。
総務省へ http://www.stat.go.jp/data/cpi/index.htm
お問い合わせ先
富山県経営管理部統計調査課生計農林係  076-444-3194(直通)


小売物価統計調査の概要
目的と利用  
国民の消費生活上重要な商品の小売価格、サービス料金及び家賃を調査し、消費者物価指数その他物価に関する基礎資料を得ることを目的としています。その結果は、物価水準の変動をとらえる上で重要な消費者物価指数及びその他物価に関する資料を作成するために利用されています。
調査の対象  
総務省が指定する167市町村(富山県においては富山市、射水市)において選定された事業所及び借家世帯(価格・家賃調査)、同じく99市町村(富山県においては富山市)において選定された宿泊施設(宿泊料調査)を対象にしています。
調査する事項  
価格(商品の小売価格やサービス料金)、家賃(借家の家賃・面積等)や宿泊料を調査しています。
調査時期と周期  
毎月、調査しています。 生鮮食品は5日、12日及び22日を含む各週の水・木及び金曜日、その他の商品やサービスは12日を含む週の水・木及び金曜日に調査しています。
調査の方法  
総務省→県→調査員→世帯・事業所
       └宿泊施設
 指定店舗から価格や料金を聞き取り、調査票に記入します。
結果の公表  
調査結果は、国(総務省)において調査日の翌月末頃に公表されます。
総務省へ http://www.stat.go.jp/data/kouri/index.htm
お問い合わせ先
富山県経営管理部統計調査課生計農林係  076-444-3194(直通)