「2005年農林業センサス結果報告書」掲載 [2006.5.31]
 平成17年2月1日現在で、農林業経営体数は32,988経営体、このうち農業経営体は32,291経営体(前回40,133経営体)で、農業経営体の大型化が進んでいます。また、農業経営体の経営耕地面積は54,061ha(前回56,688ha)で、田が97.0%を占めています。
「家計調査報告(富山市)平成17年平均速報結果の概要」公表 [2006.5.26]
 平成17年の富山市の2人以上の世帯の消費支出(1か月平均、以下同じ)は、7年連続全国 1位(県庁所在都市別順位)となりました。また、富山市勤労者世帯の実収入、 可処分所得はともに全国2位となっています。
「消費者物価指数(富山市)平成18年4月分」公表 [2006.5.26]
 平成18年4月の富山市消費者物価指数(平成12年=100)は、総合指数で97.7、前月比は「食料」などが上昇したため0.9%の上昇。また、前年同月比は「光熱・水道」などが上昇したため0.5%の上昇となりました。
「平成16年 富山県統計年鑑(平成17年度刊行)」掲載 [2006.5.26]
 富山県のさまざまな統計データを「土地・人口・経済・社会・教育・文化」など分野別にまとめた総合統計書です。最新版を掲載しました。
「平成17年版 富山県勢要覧」掲載 [2006.5.26]
 「富山県勢要覧」最新版を掲載しました。各省庁や県等が作成した統計から、いろいろな分野にわたる基本的な統計を選んで編集した統計書です。
「毎月勤労統計調査(平成18年3月分)」公表 [2006.5.26]
 3月分のきまって支給する給与,所定外労働時間,常用労働者数は、前年同月比でそれぞれ、0.9%減,0.9%増,2.1%増となりました。
「鉱工業生産指数(平成18年3月分・第T四半期分)」公表
[2006.5.25]
 平成18年3月の生産指数は108.5と前月に比べ2.8%上昇し、在庫指数は99.8と前月に比べ5.1%上昇しました。また、第T四半期(平成18年1月〜3月)の生産指数は106.7と前期に比べ▲1.0%低 下し、在庫指数は99.8と前期末に比べ▲0.1%低下しました。
「平成16年商業統計調査(確報)」公表
[2006.5.18]
 平成16年6月1日現在の県内の商業事業所数は17,995事業所で前回比▲5.1%減、就業者数は109,232人で前回比▲2.4%減、年間商品販売額は3兆2,783億円で前回比▲0.8%減となりました。 
「平成16年特定サービス産業実態調査報告書」公表
[2006.5.11]
 平成16年特定サービス産業実態調査の富山県分の結果(確報)がまとまりました。 今回は毎年調査の物品賃貸業、情報サービス産業の2業種に、3年周期調査の「娯楽関連産業」8業種を加えた計10業種を対象としました。 特に周期調査の映画館は前回調査に比べ、年間売上高が14.6%増、年間入場者数が13.4%増加しました。 
「100の指標(平成17年度版)」掲載
[2006.5.10]
 「100の指標(平成17年度版)」を掲載しました。全国における富山県の順位、県内における市町村の順位をわかりやすく掲載してあります。  
「平成16年全国消費実態調査報告書」掲載
[2006.5.2]
 平成16年9月から11月にかけて実施された「平成16年全国消費実態調査報告書(富山県版)」がまとまりました。全世帯1か月平均消費支出(生活費)は342,588円で、全国第5位、勤労者世帯の1か月平均実収入は547,178円で、全国第3位となりました。
「とやま経済月報」5月号掲載
[2006.5.2]
 今月の視点は「とやま食料事情〜農業編(第2回)〜2005年農林業センサス等の結果から〜」となっています。
「富山県の人口と世帯(月報)」公表(平成18年4月1日現在)
[2006.5.1]
 総人口は、1,108,519人で、前月に比べ、2,332人の減少となりました。また、総世帯数は、373,163世帯で、前月に比べ、331世帯の減少となりました。
  ★過去の「TOPICS」一覧へ★

1418