「消費者物価指数(富山市)平成14年7月分」公表
[2002.8.30]
 平成14年7月の消費者物価指数(H12=100)は、総合指数で97.5、対前月比は夏物衣料の値下がりなどにより(−)0.1%の下落、対前年同月比は「教養娯楽」などが引き続いて下落したため(−)1.3%の下落となりました。
「富山県人口と世帯(月報)」公表(平成14年8月1日現在)
[2002.8.23]
 平成14年8月1日現在の総人口は1,118,150人で前月に比べて286人の増加となりました。また、総世帯数は364,928世帯で前月に比べて435世帯の増加となりました。
「毎月勤労統計調査地方調査月報(平成14年6月分)」公表 [2002.8.20]
 30人以上の事業所における常用労働者数は240,759人で対前年同月比△9.5%、30ヶ月連続で減少、現金給与総額は392,846円で対前年同月比△3.1%、11ヶ月連続で減少しました。所定外労働時間は8.3時間で対前年同月比3.4%、3ヶ月連続で増加しました。
「鉱工業生産指数(平成14年6月分・第U四半期分)」公表 [2002.8.20]
 平成14年6月の生産指数は94.0、前月比▲6.7%の低下、在庫指数は90.2、前月比▲3.4%の低下となり、第U四半期の生産指数は96.3、前期比8.1%の上昇、在庫指数は90.2、前期末比▲1.7%の低下となりました。
[平成14年度学校基本調査速報」公表
[2002.8.12]
 児童・生徒数は小学校・中学校・高等学校ともに減少しました。高等学校等進学率は98.8%で全国1位、大学等進学率は49.4%で全国10位となりました。長期欠席者数は、小学校・中学校ともに減少しました。
「とやま経済月報」8月号掲載
[2002.8.1]
 今月の寄稿は「韓国におけるベンチャービジネス・創業支援の現状と富山県産業との交流・連携の可能性(2)」「統計からみた地域の見方・考え方(1)、視点は「富山県の通勤・通学における自家用車の利用について」です。
  ★過去の「TOPICS」一覧へ★

1318