「消費者物価指数(富山市)平成14年5月分」公表
[2002.6.28]
 平成14年5月の消費者物価指数(H12=100)は、総合指数で98.0、対前月比は食料などが上昇したため(+)0.2%の上昇、対前年同月比は「教養娯楽」などの下落により(−)1.1%の下落となりました。
「富山県人口と世帯(月報)」公表(平成14年6月1日現在)
[2002.6.25]
 平成14年6月1日現在の総人口は1,117,869人で前月に比べて28人の増加となりました。また、総世帯数は364,198世帯で前月に比べて3,518世帯の増加となりました。
「毎月勤労統計調査地方調査月報」公表(平成14年4月分) [2002.6.21]
 30人以上の事業所における常用労働者数は、242,129人で対前年同月比△9.7%、28ヶ月連続、また現金給与総額は、272,230円で対前年同月比△2.6%、9ヶ月連続でそれぞれ減少しました。所定外労働時間は、9.0時間で対前年同月比(11.1%)、15ヶ月ぶりに増加しました。
「鉱工業生産指数(平成14年4月分)」公表 [2002.6.20]
  平成14年4月の生産指数は94.1と前月に比べ6.3%の増加、在庫指数は91.2と前月に比べ▲0.7%の低下となりました。なお、鉱工業指数について年間補正を行いました。これにより、平成13年1月以降の原指数、季節調整済指数が改訂されています。
「平成12年国勢調査人口移動集計結果(富山県分)の概要」公表 [2002.6.19]
 前回調査(平成7年)からの5年間で住所を移した人(移動者)は、県民の19.8%、212,047人でした。また、市町村別の移動者比率では、舟橋村が最も高く、村民の35.3%が移動者でした。
統計グラフコンクール作品募集!
[2002.6.19]
  今年で50回目となった富山県統計グラフコンクールの作品を募集します。「とやま統計ワールド」を利用したパソコンの部の作品も大歓迎。詳細はこちらです。
IT利用状況調査結果の提供について
[2002.6.13]
  3月に公表したIT利用状況調査結果ですが、より詳細な分類集計も可能です。必要な方はこちらをご覧ください。
「毎月勤労統計調査地方調査月報」公表(平成14年3月分) [2002.6.5]
 30人以上の事業所における常用労働者数は、239,684人で対前年同月比△8.7%、27ヶ月連続で減少しました。また現金給与総額は、287,501円で対前年同月比△2.7%、8ヶ月連続、所定外労働時間数は、8.4時間で対前年同月比△6.7%、14ヶ月連続でそれぞれ減少しました。
「とやま経済月報」6月号掲載
[2002.6.3]
 今月の寄稿は富山大学松井教授による「通勤でみた北陸の市町村の関係とその変化」、視点は「IT不況に関する一考察と県内事業所・企業のIT利用について」、「消費者物価指数に見る生鮮食品の価格変動」です。
  ★過去の「TOPICS」一覧へ★

1284