「富山県人口と世帯(月報)」公表(平成12年11月1日及び12月1日現在)
[2000.12.25]
  平成12年11月1日現在(推計)の総人口は1,121,250人で前月に比べて407人の増加、12月1日現在の総人口は1,121,358人で108人の増加となりました。また、総世帯は11月1日現在が358,055世帯で同じく519世帯の増加、12月1日現在が358,482世帯で427世帯の増加となりました。
「毎月勤労統計調査地方調査月報」公表(平成12年10月分) [2000.12.20]
 きまって支給する給与は、対前年同月比2ヶ月連続の増加、所定外労働時間は、対前年同月比2ヶ月ぶりの減少、常用労働者数は、対前年同月比6ヶ月連続の減少となりました。
「鉱工業生産指数(平成12年10月分速報)」公表 [2000.12.20]
 平成12年10月分の生産指数は96.6となり、前月に比べ2.7%の上昇となりました。在庫指数は89.5で、前月に比べ▲0.7%の低下となりました。
「富山県(5市平均)消費者物価指数(速報)」公表(平成12年11月分) [2000.12.20]
 平成12年11月の富山県(5市平均)消費者物価指数は、「被服及び履物」などが上昇したものの、「食料」などが下落したため、総合で101.2、対前月比は(−)0.4の下落、対前年同月比は(−)0.3%の下落となりました。
「2000年国勢調査」速報公表!(平成12年10月1日現在)
[2000.12.18]
 富山県の人口は1,120,843人で、前回(平成7年)国勢調査と比較し、2,282人(△0.2%)の減少となりました。一方、世帯数は357,536世帯で、20,246世帯(6.0%)の増加となりました。
「富山県2000年人口あてクイズ」当選者発表!
[2000.12.18]
 応募期間の8月10日から10月2日までの間に4,939通もの多くのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者が決定しましたので、お知らせします。
「富山県の消費行動とサービス産業 」経済月報12月号のみどころ
[2000.12.7]
 富山大学経済学部 松井隆幸助教授に「勤勉」「堅実」「働き者」「財布のヒモが固い」といったイメージのある富山県の県民性をサービス産業の面から分析していただきました。現実の消費行動にどう反映しているのか?産業の立地に影響があるのか?お隣の石川県だけでなく、九州の大分県とも比較しています。
「とやま経済月報」12月号掲載
[2000.12.1]
 今月号の特集記事は、寄稿「富山県の消費行動とサービス産業」(富山大学 松井助教授),講演要旨「最近の景気動向と県内企業」,新しい動き「県内の中心市街地活性化の動き」、経済指標の見方・使い方「景気基準日付」です。
  ★過去の「TOPICS」一覧へ★

1314