「とやま統計ワールド」アクセス10000HIT突破!
[2000.6.23]
   平成12年3月31日のオープン以来、たくさんのアクセスをいただき、今日6月23日、オープン約2ヶ月半でトップページのヒット件数が10000件を突破しました。
「富山県人口と世帯(月報)」公表(平成12年6月1日現在)
[2000.6.23]
   平成12年6月1日現在(推計)の総人口は1,124,551人で、前月に比べて133人の増加となりました。総世帯は358,864世帯で、前月に比べて537世帯の増加となりました。
「毎月勤労統計調査地方調査月報」公表(平成12年4月分) [2000.6.22]
 きまって支給する給与は対前年同月比4ヶ月連続の増加、所定外労働時間は対前年同月比7ヶ月連続の増加、常用労働者数は対前年同月比3ヶ月ぶりの増加となりました。
「鉱工業生産指数(平成12年4月分速報)」公表 [2000.6.20]
 4月分の生産指数は96.3で、前月に比べ1.1%の低下となりました。また、対前年同月比では2.6%増となり、平成11年5月以来12ヶ月連続の上昇となりました。
「富山県(5市平均)消費者物価指数(速報)」公表(平成12年5月分) [2000.6.20]
 平成12年5月の富山県(5市平均)消費者物価指数は総合で102.0となりました。「教養娯楽」などが上昇したものの、「生鮮食品」などが下落したため、対前月比は変わらず、対前年同月比は(+)0.4%の上昇となりました。
「平成7年(1995年)富山県産業連関表」公表 [2000.6.12]
 富山県の財貨サービスの産業間取引を示した富山県産業連関表が出来ました。この表により、100億円の公共投資により、新たに67.6億円の県内生産が誘発されることが計測されました。
「雇用回復をめざす経済政策」 経済月報6月号みどころPart1 [2000.6.1]
  和歌山大学経済学部の松川教授(前富山大学教授)に、最近の深刻な雇用情勢のなか、雇用回復のために経済政策はどうあるべきか、論じていただきました。
「富山湾深層水活用研究会 中間報告」 経済月報6月号みどころPart2 [2000.6.1]
  いま、注目されている深層水の活用。平成11年12月に設置された「富山湾深層水活用研究会」が中間報告書をまとめました。
「とやま経済月報」6月号掲載 [2000.6.1]
 今月号の特集記事は、寄稿「雇用回復をめざす経済政策」、動き「富山湾深層水活用研究会 中間報告」、「富山県統計課がめざすもの」となってます。
  ★過去の「TOPICS」一覧へ★

1343