勤労者世帯(二人以上の世帯)1世帯当たりの実収入は全国8位、可処分所得は全国3位(都道府県庁所在市別順位)

富山市の勤労者世帯(二人以上の世帯)の実収入※1、可処分所得※2が全国上位となっているのは、1世帯当たりの有業人員や65歳以上人員が多く、配偶者及び他の世帯員収入、公的年金給付が全国平均を大きく上回っていることなどが要因の1つと考えられます。
また、食費や住居費などの消費支出は319,644円で、全国18位となっています。
※1実収入:いわゆる税込収入であり、世帯員全員の現金収入を合計したもの。
※2可処分所得:「実収入」から税金、社会保険料などの「非消費支出」を差し引いた額で、いわゆる手取り収入のこと。

富山市の勤労者世帯(二人以上の世帯)1世帯当たり1か月の収入と支出(平成28年平均)

グラフ・富山市勤労者世帯(二人以上の世帯)1世帯当たり1か月の収入と支出

富山市民は魚が好き(平成26〜28年の3か年平均)

富山市の1世帯当たりの支出金額をみると、魚介類への支出が全国ランキングの上位を占めており、中でも、ぶり、いか、さしみ盛合わせ、魚介の漬物(みそ漬、昆布締め等)が全国1位となっています。
特に、ぶりは単年でみても45年連続で全国1位です。

富山市民(二人以上の世帯)の食品嗜好
(平成26〜28年の3か年平均全国上位、下位品目)

支出金額が大きい食品 1位 ぶり、いか、さしみ盛合わせ、魚介の漬物(みそ漬け、昆布締め等)、
こんぶ、こんぶつくだ煮、オレンジ、冷凍調理食品、
そうざい材料セット
2位 もち、だいこん漬、プリン、アイスクリーム・シャーベット、カツレツ、
コーヒー飲料、果実・野菜ジュース
3位 かまぼこ、ほうれんそう、生しいたけ、ふりかけ、天ぷら・フライ
支出金額が小さい食品 45位 かつお節・削り節、魚介の缶詰、酢、紅茶
46位 粉ミルク、弁当、ミネラルウォーター
47位 -