10月号のダイジェスト 平成29年10月号
2017.October
寄稿
黒部市 産業経済部 商工観光課

黒部市は、神秘の海富山湾から標高2,903mの白馬鑓ヶ岳まで、面積427.96km2、人口41,850人(平成29年8月1日現在)、日本の秘境として知られる黒部峡谷とその雄大な自然を望む湯の街宇奈月温泉、そして「名水の里黒部」として黒部川の偉大なる恩恵に育まれた、国内外に誇れる自然環境と観光資源を有する都市です。

本稿では、黒部市の観光の現状や取り組みについてご紹介します。


 

キンモクセイ

キンモクセイ

 秋の香りとして定着したキンモクセイは、中国南部原産の常緑性樹木で、大きくなると樹高10mほどになります。雌雄異株の植物で、江戸時代に輸入され日本中に広がったものが雄株だったため、国内では結実しません。このため増殖は挿し木によって行われます。丈夫で育てやすいことと、良い香りがするため、公園木や庭木として植栽されますが、花は数日で落ちてしまいます。この咲いた花を集め、半乾きの状態で塩と交互にビンに入れると、香りを長持ちさせることができます。

(富山県中央植物園で撮影)

写真・文:富山県中央植物園