2月号のダイジェスト 平成30年2月号
2018.February
寄稿
立山町 商工観光課

立山町は、その名のとおり「立山」を有しており、立山は、日本三霊山のひとつとして、古くから信仰の山として親しまれてきました。平安時代から修験者が登山していましたが、現代では立山黒部アルペンルートが開通し、国内外から年間100万人に迫る観光客が訪れる山岳観光地となっています。

本稿では、富山県を代表する観光資源が多く存在する立山町の、これまでの取り組みと今後の展開、課題についてご紹介します。


動き
統計調査課 人口労働係

社会生活基本調査は、国民の生活時間の配分及び自由時間における主な活動について調査し、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的として、昭和51年の第1回調査以来5年ごとに実施しています。

本稿では、生活行動(自由時間における主な活動)に関する結果から、富山県の「ボランティア活動」、「スポーツ」及び「趣味・娯楽」についてご紹介します。


 

ホウライショウ

ホウライショウ

 ホウライショウ (別名モンステラ)は 熱帯アメリカ原産のサトイモ科のツル性植物で、ミズバショウに似た花序をつけます。葉は生長に伴い穴が開きます。葉をモチーフにした「モンステラ柄」はトロピカルなデザインとして雑貨などによく用いられます。つくしを大きくしたような棒状の果実は完熟すれば食用となりパイナップルとバナナを混ぜたような味がします。

(富山県中央植物園で撮影)

写真・文:富山県中央植物園