12月号のダイジェスト 平成29年12月号
2017.December
視点
統計調査課 経済動態係

個人企業経済調査は、個人で「製造業」、「卸売業、小売業」、「宿泊業、飲食サービス業」または「サービス業」を営む事業所の経営実態を明らかにするため、総務省が都道府県を通じて実施している統計調査です。特に重要な統計調査として統計法に基づく基幹統計調査に位置づけられており、調査結果は、景気動向の把握、中小企業振興のための基礎資料や国民経済計算(GDP)の推計資料などに幅広く利用されています。

調査結果は、動向編(4半期ごと)と構造編(年に1回)に分けて公表されています。本稿では、平成28年の構造編の結果から、北陸地域(新潟県、富山県、石川県、福井県)の個人企業の状況についてご紹介します。


 

ウナズキヒメフヨウ

ウナズキヒメフヨウ

 ウナズキヒメフヨウの花は大きく開かず、下向きに垂れ下がって咲く様子が“うなづいて”いるように見えることから、この名で呼ばれます。ちなみに富山県東部の温泉地として有名な宇奈月(うなづき)とは関係ありません。メキシコからコロンビアにかけての暖かい地域の原産です。ハイビスカスに近い仲間で、花には蜜がたくさんあり、現地に生息するハチドリの仲間が訪れて花粉を運びます。

(富山県中央植物園で撮影)

写真・文:富山県中央植物園