上海国際博覧会「富山県の日」
 上海国際博覧会「富山県の日」レポート  


上海国際博覧会「富山県の日」の概要について
 富山県では、5月1日に開幕した上海国際博覧会(10月31日まで184日間)の日本館イベントステージにおいて「富山県の日」を開催し、富山県の豊かで美しい自然、多彩な歴史・文化、産業、食の魅力等をまるごと体感できる映像やパフォーマンス、展示などを通して本県の魅力を強くアピールしました。
 この日本館イベントステージには、日本国内から17道府県、4政令指定都市(13企画)が参加する予定で、「富山県の日」は日本の 地方自治体のトップを切ってのイベントとなりました。
 イベント会場では、迫力あるパノラマ映像シアターや伝統芸能のパフォーマンス、癒しロボット「パロ」、「ドラえもん」や「忍者ハットリ君」の写真撮影用パネルなどが来場者の関心を集め、 2日間の入場者数は14,000人を数えました。
 この日本館での「富山県の日」の様子は、5月9日遼寧広播電視台により中国において全国ネットで放送されたほか、上海万博の公式ホームページでも日・中・英の3カ国語で配信されるなど、中国の多くの方々をはじめ世界の方々に富山県を 知っていただく機会として大きな成果がありました。


  1. テーマ  "雪景、豊水"(せっけい、ほうすい)
  2. 開催日  平成22年5月8日(土)〜9日(日)
  3. 会 場  日本館イベントステージ
  4. 内 容  会場を以下の6つのゾーンに分け、それぞれのゾーンで富山の魅力発信を行いました。
    • ウェルカムゾーン
    • メインステージゾーン
    • オール富山ゾーン
    • エクスペリエンスゾーン
    • ミュージアムゾーン
    • インフォメーションゾーン
               
会場見取図(日本館イベントステージ)
※図をクリックすると大きな画像が表示されます。


 入場者実績
「富山県の日」開催日 入場者数 上海万博全体
の入場者数
(世博局発表)
万博入場者に
占める割合
平成22年5月8日(土) 約7,500人 約209,800人 3.6%
平成22年5月9日(日・雨天) 約6,500人 約138,700人 4.7%
合計 約14,000人 約348,500人 4.0%
ウェルカムゾーン
「富山県の日」にご来場される皆様に、インパクトのあるファーストインプレッションを与えるために、雪の大谷をモチーフとしたウェルカムゲートを設置しました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
入場を待つ観客(8日) 入場を待つ観客(8日) 雨の中、入場を待つ観客
(9日)
雪の大谷にようこそ
↑ページトップへ

メインステージゾーン
 富山県の大自然を「絶景パノラマシアター」で上映し、富山県を体感していただきました。また、伝統的な祭りを中心とした「ライブステージ」で、富山県の「静と動」をダイナミックに展開しました。
↑ページトップへ

開会式典
 上海世界博覧会事務協調局顧問の王秀宝様、在上海日本国総領事の横井裕様、日本館館長の江原規由様をはじめ、 多数の来賓の方にご列席していただき、盛大に開会式典を行いました。
 また、開会式典に先立って椚山獅子 舞保存会による「ウェルカムステージ」を行い、会場を盛り上げました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
獅子舞ウェルカム
ステージ(1)
獅子舞ウェルカム
ステージ(2)
石井知事あいさつ パノラマ映像
カウントダウン
↑ページトップへ

絶景パノラマシアター
 会場のメインステージに特設の巨大パノラマスクリーンを設置し、「絶景パノラマシアター」と銘を打って富山県の代名詞であるパノラマ大自然を中心に、
  • 雪景の冬
  • 芽吹きの春
  • 豊水の夏
  • 実りの秋
といった四季にテーマ性を持たせ、雄大な景色や人々の営み、祭りなど富山の風物詩を織り込んだ、豊かな富山の四季の映像を上映しました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
会場風景(1) 会場風景(2) 会場風景(3) 会場風景(4)
↑ページトップへ

魚津せり込み蝶六
 この民謡は今から約600年ほど前、浄土真宗の念仏踊りとして、善男善女を仏門に帰依させるとともに後世へと歌い継がれてきたと伝えられています。
 激しい音頭にあわせて踊るこの踊りは、手踊りを始め、扇子、菅笠、花をもって踊る多彩な踊りで、まるで極楽蝶が舞うかのようであり、名前もここから生まれ名付けられたといわれています。
 お囃子に三味線、胡弓、太鼓も入り、情緒豊かな民謡として、今では富山県の代表的な民謡の一つに上げられています。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
せり込み蝶六(1) せり込み蝶六(2) せり込み蝶六(3) せり込み蝶六(4)
↑ページトップへ

越中夜高太鼓
 夜高祭りは、今から約360年前に伊勢神宮より御分霊をお迎えした時、倶利伽羅峠へ戻ってきた頃には夜になったので、手に手に行灯を持ち、太鼓を鳴らしてお迎えに行ったことに由来します。
 以来、5月1日、2日の夜に、高さ7mにもなる夜高行燈7基を始め、大中小約25基の夜高行燈の屋台が威勢よく町を練り回ります。
 夜高行燈と共に継承されてきた夜高太鼓は、夜高行燈の先導役として3分の2拍子で叩く珍しい太鼓で、大バチ小バチを交互に打ち合います。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
夜高太鼓(1) 夜高太鼓(2) 夜高太鼓(3) 夜高太鼓(4)
↑ページトップへ

椚山獅子舞
 椚山獅子舞は、約400年前に対岸の能登地方から伝わったといわれ、昭和39年に入善町無形民俗文化財に指定されました。
 毎年10月中旬に五穀豊穣を感謝して神社で獅子舞を奉納し、氏子約500戸の吉事があった家などで踊ります。
 各家では、「呼び込み太鼓」に始まり、「天狗と獅子の越し舞」、「天狗の四人舞、六人舞、八人舞」、天狗が酒樽を取り合う「猩々」、獅子が金玉で遊び、天狗と取り合いになる「ほら舞」を踊ります。
 天狗四人舞の中には、竹舞の「内、外、ちどり、さらいまわし」、「傘舞」など数々の舞があります。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
椚山獅子舞(1) 椚山獅子舞(2) 椚山獅子舞(3) 椚山獅子舞(4)
↑ページトップへ

越中五箇山麦屋節
 五箇山は、世界遺産に登録された合掌造り集落があり、日本の原風景を残す場所として知られ、日本国内外から多くの方々が訪れている観光地です。
 また、五箇山には、古くから伝わる民謡も多数残っており、民謡の宝庫として知られています。
 今回はその中から「麦屋節」をご紹介しました。
 麦屋節は、五箇山に平家の落ち武者が住み着いたと伝えられ、その子孫が農耕の合間に昔の栄華を懐かしみ唄い踊った民謡で、哀調と格調高い調べが特徴です。
 毎年9月23日、24日には、五箇山民謡の実演が楽しめる「五箇山麦屋まつり」が開催され、民謡と踊りの披露が行われます。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
越中五箇山麦屋節(1) 越中五箇山麦屋節(2) 越中五箇山麦屋節(3) 越中五箇山麦屋節(4)
↑ページトップへ

越中八尾おわら
 八尾が全国に誇る民謡「越中おわら」は300年の歴史をもち、情緒豊かで気品高く、綿々としてつきぬ哀調の中に優雅さを失わぬ詩的な唄と踊りです。
 9月1日から3日までの3日間に富山市南部の坂の町八尾で開催される「おわら風の盆」には、全国から約20万人の観光客が訪れ、八尾は静かな興奮に包まれます。
 踊りは艶容で美しく、踊りの所作のいたるところに、日本舞踊が取り入れられているため、他の盆踊りにはない独特の雰囲気がかもし出されています。
 おわら節の唄と演奏の役割を担っている者を「地方(ジカタ)」といい、「唄い手」「囃手」「三味線」「太鼓」「胡弓」で構成されます。
 今回は男子の「かかし踊り」、女子の「四季踊り」、男女混合による「豊年踊り」をご披露しました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
越中八尾おわら(1) 越中八尾おわら(2) 越中八尾おわら(3) 越中八尾おわら(4)
↑ページトップへ

オール富山ゾーン
 富山の魅力を「食」「文化」「産業」「自然」「歴史」の5つのカテゴリーで区分したコーナーを設け、写真パネル、展示物、映像で視覚的にわかりやすく富山の魅力を紹介しました。
 コーナー中央部には富山と中国の交流の歩みを年表で紹介するとともに、 環日本海諸国図を設置し、富山へのアクセスを紹介し、富山空港から飛び立つ上海便、大連便の飛行機の写真を掲示しました。
 来場者の方に興味深く見ていただくとともに、特にドラえもんとの写真撮影には人気が集まりました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
還日本海諸国図
富山県と中国の交流のあゆみ
文化情報コーナー(1) 文化情報コーナー(2) 歴史情報コーナー
 
                                                               
産業情報コーナー(1) 産業情報コーナー(2) 産業情報コーナー(3) 食情報コーナー
 
                                                                             
食・自然情報コーナー 展示品に興味を示す来館者 ドラえもんと記念撮影(1) ドラえもんと記念撮影(2)
   
↑ページトップへ

エクスペリエンスゾーン
 富山県の伝統文化、世界に誇る産業、先進技術を体感していただく参加型ワークショップコーナーを設け、以下の体験を通じて、富山の魅力を感じていただきました。
  • PAROと遊ぶ体験コーナー
     癒し系ロボット「PARO」(3台)の自由体験
  • 越中和紙・折り紙教室
     「おわら人形のしおり」制作体験
  • 特殊で不思議なオモシロ ファスナー」のタッチ&トライ
     ジャンボファスナー体験、防水ファスナー水槽体験
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
「PARO」と遊ぶ
体験コーナー
越中和紙・折り紙教室 水の漏れないファスナー体験 ジャンボファスナー体験
   
↑ページトップへ

ミュージアムゾーン
 会場中央部には、富山が誇る「伝統工芸品」をガラスケース内に展示し、たくさんの来場者に鑑賞していただきました。
   
井波彫刻 高岡銅器
作者:荒井寿斉
朱塗り獅子頭(8寸)座布団つき
H37cm×W52cm×D30cm
左 H28cm 大角勲作 花瓶 瓢豊 青銅色
中央 H45cm 松久宗林作 瑠璃観音 金箔
右 H18cm 二上元威作 香炉 六角牡丹獅子
   
高岡漆器 庄川挽物木地 他3点
左 文庫 花鳥貝入 H12cm×W24.5cm×D32cm
中央 ペンBOX 鳳凰貝入(黒) H3cm×W10cm×D23.8cm
右 ペンBOX 桜貝入(朱) H3cm×W10cm×D23.8cm
盛器 H9cm×W30cm×D30cm
盛皿 H4cm×W28cm×D28cm
茶托 H5cm×W18cm×D18cm 2枚
   
越中和紙 ガラスアート
左 和紙束 筒状 W50cm
中央 化粧箱(赤・橙) H55cm×W12cm×D12cm
右 おわら和紙人形 H25cm×W20cm×D9cm
越翡翠硝子 椀1 越翡翠硝子 花入1
越翡翠硝子 大皿1 越翡翠硝子 花入1
越翡翠硝子 ボウル1 越翡翠硝子 グラス2
越翡翠硝子 水差1 越翡翠硝子 冷茶グラス2
   
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
展示風景(1) 展示風景(2) 展示風景(3) 展示風景(4)
   
↑ページトップへ

インフォメーションゾーン
 タッチパネルディスプレイ映像では、
  1. 富山の「海の幸」
  2. 富山の「観光スポット」
  3. 富山の「四季」
  4. 富山の「伝統」
  5. 富山の「ものづくり」
  6. 富山の「行き方」(観光モデルコース)
を紹介し、たくさんの来場者の方が興味深く見ていました。また、富山県の観光パンフレット等を配布し、興味を惹かれた情報を持ち帰られるようにしました。
             


※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
                                                               
タッチパネルでの紹介 会場風景(1) 会場風景(2) 会場風景(3)
   
↑ページトップへ






























富山県知事政策局