2017 富山県職員採用案内

2017 富山県職員採用案内 | 富山県人事委員会
● 勤務条件

・勤務時間
午前8時30分から午後5時15分(勤務場所によって異なる場合あり)

・週休日・休日
週休日/土曜日、日曜日 休日/国民の祝日に関する法律に規定されている休日及び12月29日から1月3日までの日(勤務場所によって異なる場合あり)

・休暇制度 (主なもの)
●年次休暇/20日(1〜12月)※4月採用の場合は、15日
●特別休暇/夏期休暇5日以内(7〜9月)、ボランティア休暇5日以内(1〜12月)、結婚休暇7日以内、忌引1〜10日(親族との関係により日数が異なる)、短期介護休暇 5日以内(1〜12月)
●病気休暇/原則90日以内
●介護休暇/6月以内

・初任給
上級(大学卒程度) 184,800円/
中級(短大卒程度) 164,700円/
初級(高校卒程度) 150,500円/
警察官(大学卒) 211,400円/
警察官(短大卒) 190,100円/
警察官(高校卒) 175,300円/
(平成29年4月1日時点)

・採用職種、経歴等により上記金額と異なる場合があります。

・諸手当
通勤手当、扶養手当、住居手当など。期末・勤勉手当(ボーナス)は、年2回(6月、12月)支給されます。

・人事評価及び意向調査
職務能力に関する年1回の能力評価と、設定した目標に対する達成度等に関する年2回の業績評価を実施しています。
また、担当事務、人事に対する意見や希望について自己申告する意向調査などもあります。

・職員の昇任例 (行政職の一般的な職制)
主事(技師)→主任等→係長等→課長補佐等→課長等→次長等→部長

● 研修制度

新規に採用された年度には、配属先での勤務に先立ち、職員研修所等において5日間の研修(公務員や業務の基礎知識)を受講します。その後も、福祉現場体験など新規採用職員対象の研修を受講します。採用2年目以降も、年齢や職務に応じた研修が行われます。主な研修の体系は次のようになっています。

・職場外研修
1)単位制研修
2)繰返し研修
3)キャリア開発研修
4)派遣研修
5)部門研修

・職場研修
新規採用職員が配属された所属の若手中堅職員が、新任職員トレーナーとして新規採用職員に適切な助言、相談を行っています。

・自己啓発
通信教育・eラーニング、放送大学受講への助成、自主研究活動への支援、自己啓発等休業制度・長期自主研修支援制度 など

● 子育て支援制度(主なもの)

・産前産後休暇 出産予定日前
有給/女性対象/産前8週間(多胎の場合は14週間)以内、産後8週間

・妻の出産休暇 出産予定日前
有給/男性対象/産前1週間目から産後2週間目まで、2日以内

・育児時間
有給/男性・女性対象/子が3歳に達するまで、1日2回、1日を通じて90分以内

・家族看護休暇
有給/男性・女性対象/年5日(職員と同居する中学校就学前の子が2人以上の場合は年10日)以内

・育児参加休暇
有給/男性対象/妻の産前産後休暇期間中に妻を世話する場合又は産まれてくる子若しくは小学校就学前の子を養育する場合、8日以内

・育児休業
無給/男性・女性対象/子が3歳に達するまでの期間※子が1歳に達するまでは地方職員共済組合から育児休業手当金が支給されます

・育児短時間勤務
減額/男性・女性対象/子が小学校就学の始期に達するまで、勤務時間を週19時間25分〜24時間35分に短縮

・部分休業
減額/男性・女性対象/子が小学校就学の始期に達するまで、始業時又は終業時に1日を通じて2時間以内

● 福利厚生

・健康診断等
定期健康診断、日帰りドック、ストレスチェック等

・健康相談
健康相談、メンタルヘルス相談等

・健康教育
健康管理セミナー、ヘルスアップスポーツセミナー、禁煙セミナー等

・スポーツ、文化、レクリエーション
運動施設利用助成、スポーツ・文化サークル助成、芸術文化鑑賞助成、映画鑑賞券助成、職員文化祭の開催等

● メニュー
トップページ
試験概要
求める人材
職種紹介
勤務条件など

詳細はPC版「HONKI TOYAMA」でご覧いただけます。
http://www.pref.toyama.jp/sections/0300/saiyo.html

富山県人事委員会
〒930-0094 富山市安住町2番14号(北日本スクエア北館5階)
電話:076-444-21662167

↑ページトップ

Copyright (c) Toyama Prefecture All rights reserved.