富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム>富山県のプロフィール>概要[位置・面積・人口]

特色 [産業]

豊かな資源・知恵・技術が活きる産業

富山新港臨海工業用地の空撮

米どころ富山県では、良質米として評価の高いコシヒカリをはじめ、富山オリジナルの早生品種「てんたかく」や晩生品種「てんこもり」が生産されているほか、平成30年秋には新品種「富富富」がデビューします。チューリップ球根の出荷量が日本一の産地でもあり、伝統ある定置網漁法による漁業も盛んです。また、質の高い労働力、豊富な電力と水、充実した物産・交通網、ものづくりの伝統、日本海側屈指の工業集積など優れた産業基盤があります。「くすりの富山」として全国に知られる医薬品産業のさらなる発展や新たな成長産業の育成・振興により、「ものづくり県」として一層の飛躍を目指しています。

定置網 定置網
網を一定の海中に常設しておき、回遊魚を待って漁獲します。現在、富山湾の総漁獲量の7割以上が定置網漁法によるものです。
県ものづくり研究開発センター外観 県ものづくり研究開発センター
ものづくり産業振興の拠点として、産学官が連携して新商品・新技術の研究開発を行っています。また、最先端のものづくり技術をもつ人材の育成にも取り組んでいます。
    
県創薬研究開発センター外観 県創薬研究開発センター
高度な分析機器等を整備し、バイオ医薬品など成長分野の研究開発を促進するほか、県内企業等を対象とした技術開発や人材育成を支援するなど県内医薬品産業のさらなる発展をめざします。
    
新品種「富富富」ロゴ・キャッチコピー 富山米新品種「富富富」
「コシヒカリ」の課題を克服し、美味しさを最大限に発揮する品種として、平成15年度の開発着手から13年を経て、「富富富」が誕生しました。その名前は、富山の水、富山の大地、富山の人が育てた富山づくしのお米であることをあらわすとともに、食べた人に「ふふふ」と微笑んで、しあわせな気持ちになってもらいたいという想いも込められています。平成30年秋本格デビュー。

富山みどころかんどころ

特色ある産業

※ このほか、日本一、世界一、ユニークなもの、まだまだいっぱいありますが、その一部を紹介いたしました。
詳細は「100の指標―統計からみた富山」(統計調査課)等を参照ください。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 企画・報道係 電話:076-444-3133 [ お問い合わせフォーム

情報発信元

経営管理部 広報課 企画・報道係
電話:076-444-3133

ページの先頭に戻る