富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 企業局 > 水道課 > 富山県の水道事業

富山県の水道事業

最終更新日:2017年3月11日

水道事業は、県民の生活水準の向上や下水道の普及整備などによる生活用水の需要に対処するため、広域的な水道水の安定供給を目指して行っています。
現在、企業局では、西部水道用水供給事業として、和田川及び子撫川水源で日量135,000立方メートルの給水施設を整備し、4市に給水を行っています。
また、将来の水需要への対応として、西部水道用水供給事業(境川ダム、計画給水日量115,000立方メートル)、東部水道用水供給事業(宇奈月ダム、計画給水日量54,000立方メートル)において、水源を確保しています。

西部水道用水供給事業

和田川浄水場西部水道用水供給事業は、県西部の高岡市、射水市、氷見市及び小矢部市における将来の水需要に対処するため、恒久水源を和田川ダム、子撫川ダム及び境川ダムの3つのダムに求め、計画給水量250,000立方メートル/日の水道用水を供給しようとするものです。
現在、和田川浄水場で日量75,000立方メートル、子撫川浄水場で日量60,000立方メートルの給水施設が完成し、各受水団体へ給水を行っています。
料金は受水団体との協定に基づき算定しており、平成26年4月分から65円/立方メートル(消費税抜き)を適用しています(協定期間は平成30年度までの5年間)。
料金等の改定に際して平成25年度にアセットマネジメント(資産管理)を実施し、管路・設備等の更新に要する財源確保ができるように財政収支を算定し、70円/立方メートルから65円/立方メートルへ引き下げるなどの改定を行いました。
耐震・老朽化対策については、中長期的な事業費の平準化を図りながら、計画的に施設更新を進める(概ね40年間)こととしており、平成27年度から優先順位が高い箇所の管路更新工事に着手しています〔耐震管の割合:66.8%(平成27年度末)〕。

子撫川浄水場

東部水道用水供給事業

東部水道用水供給事業は、県東部の魚津市、黒部市(旧宇奈月町含む)、入善町及び朝日町における将来の水需要に対処するため、恒久水源を国土交通省直轄の宇奈月ダムに求め、計画給水量54,000立方メートル/日の水道用水を供給しようとするものです。

【 情報発信元 】
企業局 水道課 電話:076-444-2141  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

企業局 水道課
電話:076-444-2141