富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 富山県指定有形民俗文化財(立山曼荼羅)の指定について

富山県指定有形民俗文化財(立山曼荼羅)の指定について

最終更新日:2018年10月6日

10月5日(金)、次の文化財を富山県指定有形民俗文化財に指定しました。

1.文化財の概要

(1)名称 立山曼荼羅(たてやままんだら)
(2)員数 8点
(3)指定理由
  ・山絵図や登山案内図から発展した立山曼荼羅の成立過程の一端を理解するうえで重要
  ・立山信仰の広域的な布教を知るうえで重要・立山信仰が庶民のみならず士分階級にまで
   幅広く浸透していたことを示す資料として重要
  ・博物館等で適切に管理され保存状態も良好で積極的な活用が見込まれる
(4)所有者等 県・富山県立山博物館(立山町芦峅寺63-1)・富山県立図書館(富山市茶
   屋町206-3)

2.その他

(1)県指定有形民俗文化財の指定は38年ぶりで、本件を含めると7件となる。
  参考:○八尾町祭礼曳山(S40指定) ○流刑小屋(S40指定) ○立山参道の石塔並びに石
     仏群(S42指定) ○芦峅閻魔堂の仏像群(S43指定)○たてもん(S47指定) ○善徳
     寺宝物(S55指定) 
(2)県内の国指定有形民俗文化財は4件
  参考:○高岡御車山(S35指定) ○立山信仰用具(S45指定) ○富山の売薬用具(S56指
     定) ○砺波の生活、生産用具(H29指定)
(3)今回の指定により、本県の優れた歴史、文化の魅力を再認識し、ふるさと教育の重要な
   資産となる。また、「立山黒部」の世界ブランド化に向けた新たな魅力として、県内外
   に情報発信することができる。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434

関連ファイル