富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 「ふるさと文化財の森」の設定について

「ふるさと文化財の森」の設定について

最終更新日:2016年3月16日

 文化庁では、ふるさと文化財の森システム推進事業の一環として、文化財建造物の修理に必要な資材のモデル供給林及び研修林となる「ふるさと文化財の森」の設定を行っています。
 このたび、本県から、「五箇山相倉茅場」(南砺市)が茅(カリヤス)の供給林として新たに設定されることとなり、文化庁長官による設定書の交付式が下記のとおり行われることとなりましたので、お知らせします。

                 記

1 日 時   平成28年3月18日(火)14:00〜14:30
2 場 所   文化庁特別会議室(旧文部省庁舎5階)
        東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
3 設定地   所在地:五箇山相倉茅場(富山県南砺市相倉)
        材 種:茅(カリヤス)
        所有者:南砺市ほか16名
        管理者:相倉史跡保存顕彰会ほか
        面 積:約3.2ha
4 出席者   所有者代表 相倉史跡保存顕彰会会長 中谷 信治
              南砺市教育委員会文化・世界遺産課長 此尾 治和
5 その他   文化庁の「ふるさと文化財の森」の設定は、平成18年度から実施されているもので、今回の設定により全国で68箇所、富山県からは昨年設定の五箇山菅沼茅場に続き2箇所目となる。
設定されることにより、茅場の管理(下草刈り、病害虫・害獣対策、管理通路の整備、標識等の設置など)に要する経費の国補助を受けることができるようになる。

相倉茅場の茅刈り風景相倉茅場の茅刈り風景

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434