富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 文化財GIS

文化財GIS

最終更新日:2005年4月1日

文化財GIS(地理情報システム)の使い方

* 右側関連リンク「富山県GIS」よりご利用下さい。
 
 GIS機能を用いて指定別、種類別、市町村別に検索ができます。富山県GISのトップページにつながりますので,「enter」でGISに入り、上記フレームの「指定文化財」もしくは「埋蔵文化財」タグを押してご利用下さい。検索後、「属性の表示」(初期設定)で情報を表示、「地図の表示」で地図が表示されます。

ご注意!

 このGISシステムは、かなり大容量の画像ファイルを表示しますので、お使いのパソコンによっては表示に時間がかかる恐れがあります。ブロードバンド環境での閲覧をお奨めします。

利用条件

 富山県GIS利用にあたっては以下の使用条件をご了承の上でご利用ください。
 本システムにおける土地情報は、都市計画・遺跡その他の規制等の概要をお知らせしようとするもので、内容を証明するものではありません。縮尺に伴う誤差があります。権利や義務の発生するもの、取引の資料とするものなど、重要な情報、特に境界付近の情報については必ず担当課の窓口でご確認ください。本サイトで使用している背景地形図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)、数値地図25000(行政界・海岸線)および数値地図 25000(地名・公共施設)を複製したものです。(承認番号 平13総複、第213号)この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図2500(空間データ基礎)を使用したものである。(承認番号平13総使、第657号)富山県は、当システムの利用によって発生する直接または間接の損失、損害等について、一切の責任を負いません。
 また、概要説明に用いられている画像及び文については、それぞれ著作権が発生しておりますので、無断での複製、転載は出来ません。

富山県GISとは

 富山県文化財課、自然保護課、環境保全課の3課が共通の地図情報を利用した地理情報システム(GIS:Geographic Infomation System)で、地図等情報を逐次更新し、管理や公開に役立てるものです。システムは課内版(各課が管理のために用います)、庁内Web版(県庁内部の業務連絡調整に用います)、庁外Web版(一般に公開するものでこれを閲覧していただきます)があります。GISシステム化の取りまとめは情報政策課が行い、平成12、13年度の雇用創出基金事業委託をベースに作成しました。システム管理は情報政策課、各データの内容については各課が担当しています。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434