富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 子どもとやま県議会 > 第9回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

子どもとやま県議会

最終更新日:2017年9月12日

第9回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

1.「みんなでチャレンジ安心とやま」委員会
 (1) 私たちが取り組むことは、
・ 「とやま環境チャレンジ10」「とやま健康チャレンジ3」に関心をもち、積極的に取り組みます。また、学校や地域に働きかけ、みんなでチャレンジできるよう努力します。
 (2) 大人の人に応援してほしいことは、
・ 「とやま環境チャレンジ10」の取り組み項目の25番目に「環境について家族で話し合う」を作り、各学校の希望に応じて配布してください。
・ 県全体で、「1週間に1度車に乗らない日をつくる」に取り組むことができるよう、バスや電車など、低料金で乗り放題の公共交通機関を整備してください。
・ 「10時消灯の日」には、家族全員がそろって10時に就寝できるように、協力してください。

2.「心を一つにワクワクお祭り」委員会
 (1) 私たちが取り組むことは、
・ お試し曳山に積極的に参加し、みんなの心が一つになることを目指します。
・ より多くの人たちが交流できて、みんなが笑顔になれるようにという願いをこめて、富山県中の小学生の力を合わせて、「とやまふれあい夏祭り」を県内各地で実施していくことです。
 (2) 大人の人に応援して欲しいことは、
・ お試し曳山とお祭りデーを作って下さい。
・ 「みんな集まれ、とやまふれあい夏祭り」の場所の提供などの協力をしてください。

3.「みんな幸せ未来に輝くとやま」委員会
 (1) 私たちが取り組むことは、
・ 桜の木を植えることで、環境をよくしたり、植えた場所に人が集まって木の生長を共に喜び合える「マイツリー運動」を提案します。
・ すぐに捨てないで、ものに命をふきこむ「とやまーけっと」の開催を呼びかけます。
・ 福祉施設を訪問し、様々な人と交流を深め、「障害のある方やお年寄りとふれあうことができる場」を提案します。
 (2) 大人の人に応援して欲しいことは、
・ 「マイツリー」「とやまーけっと」「バリアフリー施設」を複合した場「幸せきときとパーク」を太閤山ランドなどに建設してください。

4.「地域の活力再発見」委員会
 (1) 私たちが取り組むことは、
・ 私たちが知っているようでよく知らない「とやまのよさ」がまだあります。それをもっとよく知るために自分たちの生活や地域、人々をもう一度見つめ直していきます。
・ わたしたちが知った地域のよさを県内の小学生たちが互いに知り合うための、学校間のネットワーク作りを呼びかけていきます。
 (2) 大人の人に応援してほしいことは、
・ 金屋の町作りにたずさわっている人たちには、高岡銅器をもっと身近に感じられるような見学や体験のできる金屋の町作りをどんどん進めていくことをお願いします。
・ 職人さんたちには、僕たち子供やいろいろな人の考えたアイディアを生かした商品開発のできる仕組み作りをお願いします。
・ 県内各地で地域作りしている人たちには、僕たちと話し合う機会を作ってください。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434