富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 子どもとやま県議会 > 第16回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

子どもとやま県議会

最終更新日:2017年9月12日

第16回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

1.「知って、認めて、分かり合おう!まっとっちゃ TOYAMA」心委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
 ・「知って、認めて、分かり合おう!まっとっちゃ TOYAMA」を合言葉に、相手のよさを認め、周りの人を気遣うことの大切さを忘れず、生きていきます。
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
 ・富山県民みんなが、県外や外国の人と楽しく触れ合い、互いを深く知る機会として、「世界文化交流の日 THE富山」を提案します。
 ・互いに認め合う中から、自分のことも相手のことも好きになり、自信をもって人と触れ合える富山の子どもが育つように、富山県内の全ての小学校に、金曜日は「もやっとすっきりタイム」を行うように、私たちも学校で呼びかけるので、県からも呼びかけてください。

2.「とやまつリンピックで 魅力いっぱい 笑顔いっぱい」活力委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
 ・ふるさとが大好きな心を育てるために、富山県のよいところをたくさん調べて、地域の行事や祭り、それを支えるボランティア活動に積極的に参加します。
  (2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
 ・富山県の有名なお祭りを楽しんだり、よさこい風「KOKIRIKO」踊りやカラー・ラーメン 等のコンテストをしたりするなどして、子どもからお年寄りまでみんなが元気になれる「とやまつリンピック」(全市町村持ち回り)を開いてください。
 
3.「守ろう!環境 つくろう!とやま型エネルギー ずっと」安心委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
 ・みんなに、さらに節電を呼びかけます。
 ・学校のみんなで協力して、運動量を発電に生かします。
 ・植林して緑を増やし、水力発電に生かします。
(2)そして、大人の人に応援してほしいことは、
 ・私たちの考えた3つの提案「発電・節電合宿と節電大会」「発電ジムで元気はつらつとや ま」「小水力で美しく輝くとやま」を実現し、富山県の未来をつくる大きなエネルギーが生まれるように、県内にたくさんいる、すばらしい発明、アイディア豊富な人の技術と知識を集結させてください。

4.「見て、聞いて、感じて、つながろう ドキドキ!わくわく!」未来委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
 ・美術館に行って、多くの芸術に触れることで、見て聞いて感じる力を強めていきます。そして、芸術を通した交流から多くの人とコミュニケーションをとる力を身に付けていきます。 
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
 ・美術館に展示してある作品の世界が体感できたり、外壁やドーム型の巨大なスクリーンで 作品の映像を映し出したりするなどの工夫をして、多くの人に来館してもらえ、コミュニケーションの輪が広がっていくような新感覚の夢の美術館を実現してください。

子ども議員の発表(活力委員会)

子ども議員の発表(活力委員会)

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434