富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 子どもとやま県議会 > 第20回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

子どもとやま県議会

最終更新日:2017年9月12日

第20回 子どもとやま県議会「私たちの提案」

1 「県民みんなが仲よし富山〜夢に向かって一緒に進もう〜」活力委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
・私たち自身が自分の夢に向かって一生懸命努力を続けます。
・自分の得意な面を生かしてみんなが夢へ向かうことを応援する「夢アドバイザー」を学校で募集します。自分も夢へ向かうだけでなく、「夢アドバイザー」になって、友達が夢に向かってがんばることを応援します。
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
・富山県内にいるいろんなことが得意な人や専門家を、「BEST夢アドバイザー」に認定し、富山県民が夢に向かうために気軽に相談したり、教わったりできるようにしてください。
・地域に住む人が「夢アドバイザー」として、自分の得意なことを生かして、多くの人に教えたり応援したりできるような環境を整えてください。

2 「環境も便利も両立 を目指せ!」未来委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
・よりよい環境を未来に残すために、電気の有効利用について考えていきます。節電にも進んで取り組みます。
・これからも、家や学校で、環境と便利さを両立した新しいエネルギーのアイディアを自分なりに考え続け、発信します。
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
・二酸化炭素を出さないエネルギーであるカミナリを利用した電気を様々なところで使うことができるように、カミナリを吸収して充電する技術を開発してください。
・排気ガスで空気が汚れないように、カミナリの電力を吸収し充電する電気自動車を開発したり、走りながら充電できる道路や無線のように電気を飛ばすシステムを作ったりしてください。

3 「かんしん・へんしん・はっしん!〜スターRであんしんとやま〜」安心委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
・自分の住んでいる地域で、無駄づかいの多いトイレットペーパーの節約を呼びかけます。
・学校の委員会活動を通して、地球温暖化や地球の資源について、低学年にも分かってもらえるように工夫して呼びかけます。
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
・集めたごみをその人たちが希望するリサイクル品に交換して持ち帰ることができるなど、ごみを拾うことが楽しくなるような取組を考えてください。
・家庭から出た生ごみをガスや堆肥として再生させるなど、臭いを出さず、時間をかけずに、生ごみを循環させる仕組みをつくってください。

4 「交流してみんなで笑顔をつくろうプロジェクト」心委員会
(1) 私たちが取り組むことは、
・富山県美術館や富岩運河環水公園など、たくさんの世代の人々が交流できる癒しのスポットの力を、家族や友人に積極的に伝えていきます。(例:交流してみんなで笑顔をつくろうプロジェクト)
・自分からあいさつをしたり、他学年の人と一緒に遊んだりするなど、自分から進んで人と関わり笑顔をつくります。
(2) そして、大人の人に応援してほしいことは、
・私たちが考えた「交流してみんなで笑顔をつくろうプロジェクト」を成功させるために、富岩運河環水公園に、多くの世代の人が交流できる遊具や写真スポットを建設してください。
・富岩運河環水公園でなるべく多くの世代の人たちと交流できるように、昼間でも若い人と子供が交流できるようなイベントを企画してください。

子ども議員の発表(未来委員会)

子ども議員の発表(未来委員会)

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434