富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 富山県青年議会

富山県青年議会

最終更新日:2016年12月1日

 富山県青年議会は、富山県、富山県教育委員会、富山県青年議会実行委員会が主催、北日本新聞社が共催して、毎年県内の青年から40名の議員を募集して実施しています。
 その目的は、以下のとおりです。
(1)青年の県政に対する関心を高め、その意見を県政に反映させる。
(2)民主政治に対する理解と正しい関わり方の学習の場とする。

開会式 青年議員代表挨拶

挨拶 今年度は第60回を迎え、まず7月5日(火)に開会式、組織議会が開催され、議長、副議長、各常任委員長、副委員長等が決まりました。また、同日の午前には合同学習会を行い、「新・元気とやま創造計画」に基づいて観光、教育、福祉などの県の施策全般について学びました。

第1回合同学習会の様子

委員会 組織議会の後、経営企画、教育警務、厚生環境、経済建設、農林水産の各常任委員会に分かれて、初めての委員会活動がありました。自己紹介のあと、早速、質問や提案内容の検討に入り、初日から熱気を帯びた学習会になりました。この日から11月に行われる本会議に向けて、青年議員活動の開始です。
 

第2回合同学習会の様子

第 8月27日(土)には、2回目の合同学習会が行われました。この日は、県議会議員の方から委員会ごとに調査研究の進め方や質問文の書き方などについて助言を受けました。
 

本会議の様子

本会議

知事答弁の様子

知事答弁11月14日(月)いよいよ学習の成果である本会議が開催され、各委員会から下記の質問や提案があり、それぞれについて県からの答弁がありました。

【第60回富山県青年議会 質問内容】
・人口減少対策について
・県外からの移住促進について
・将来を担う若者の人材育成について
・高齢者の交通死亡事故減少対策について
・共生社会の推進について
・海岸清掃の推進について
・県内へのUJIターン就職促進について
・建設業の人材確保・育成について
・純富山県産農産食品のブランド戦略について
・リモートセンシング技術を活用した森林情報の作成について

第60回富山県青年議会

集合写真本会議を終え、青年議員たちは次のように感想を述べていました。
○県政を身近に感じ、政治への関心が高まった。
○県政について詳しく知る機会になった。
○県政の新聞記事やニュースを進んで見るようになった。
○県政について、もっと一般県民に興味・関心をもってほしいと思った。
○今後も、議員同士のネットワークや友情を大切にしていきたい。
○異世代、異業種の方と知り合えてよかった。
○学生や女性も含め、若い世代の参加者が増えればよい。
○今回の経験を活かし、地域行事等に積極的に参加し、社会の一員として貢献していきたい。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 青少年教育班 電話:076-444-9647  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室 青少年教育班
電話:076-444-9647