富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 小矢部市桜町遺跡 > トピックス オブ サクラマチ

小矢部市桜町遺跡

最終更新日:2005年4月1日

トピックス オブ サクラマチ

小矢部市教育委員会と桜町遺跡発掘調査団による発掘調査の速報
(小矢部市教委の発掘調査情報等をもとに作成しています)
★マークはビックリ度

● 2001/03/30 県から小矢部市へ職員派遣 ★★

 第6回桜町遺跡調査等検討委員会で、現地調査と報告書作成体制の強化のため、県から1名職員を小矢部市に派遣することを報告。これにより、現地での調査はひとまず平成15年度まで、報告書作成は平成18年度までに完了する見込みとなった。

●2000/12/20 桜町遺跡の縄文時代の広がりを確定 ★

 第5回桜町遺跡調査等検討委員会で、これまで続けてきた調査成果のとりまとめを発表。この結果、縄文時代早期から晩期までの遺跡の広がりの範囲を確定した。木製品が多量に出土する中期、ウッドサークルの晩期の広がりのほか、思いの外土石流や川跡が多いことが判明。

●2000/05/01  縄文パーク開設 ★★

 現地見学の方々へより一層わかりやすいようにと、遺跡の近隣に縄文パーク展示室を開設。保存処理の完了した出土木製品を展示している。

●2000/1/11 ウッドサークルの一部が出土(小矢部市教委発 第82報) ★★★★

 第3調査区でウッドサークルと見られる柱根が出土。ウッドサークルとは、半割した巨木を円形に並べた施設で、縄文時代晩期の北陸地方に特徴的に見られるもの。祭祀に関係する施設と考えられている。同様の遺構で柱根が残っていた例は、金沢市のチカモリ遺跡と石川県能都町の真脇遺跡の2例。

●1999/11/30  第11調査区(民地)の調査に着手 ★★

 道路敷きからはずれた民地部分の調査に桜町遺跡発掘調査団が着手。遺跡の集落部分の中心と見られていることから、この調査の成果が期待される。

●1999/7/23 とやま縄文フェスティバル開幕 ★★★

 会期中3万3千人の人が来場。

●1999/7/22 建物の屋根材発見 ★★★★★

 第2調査区から縄文晩期以降の時期の建物の屋根が出土。長さ約8.1メートル、幅約2.2メートルに敷き詰められたように出土した。構造は、樹皮を敷き詰めたうえに葦を葺き、木で押さえたものと見られる。樹皮の下には桁や垂木、屋根木舞と思われる木材も見られる。

●1999/6/28 土掘り具を発見 ★★

 整理作業中に,土掘り具の一部と思われる木製品を発見。

●1999/6/4 3本目の彫刻柱を発見 ★

 整理作業中に更にもう1本彫刻柱が見つかりました。こちらは彫り込みがくっきりとしていて分かり易い。

●1999/5/19 2本目の彫刻柱を発見 ★★

 昨年度調査分の整理作業中に2本目の「鬼」を発見。頭がとがり,目のような部分が彫り込まれているものです。

●1999/5/14 桜町遺跡発掘調査団の設立会 ★★★

 遺跡の本格的な発掘調査体制を強化すべく,県教委と市教委による「桜町遺跡発掘調査団」が結成された。これにより、桜町遺跡の発掘調査が推進されるとともに,これまでの発掘調査成果をまとめる作業に着手する。

●1998/9/2 無頭石棒の完形品が出土 ★★

●1998/8/24 桜町遺跡最古の土器片出土 ★

 第1調査区最下層(地表下約4m)から楕円押型紋土器が出土

●1998/8/13 縄文のビーナス出土 ★★★

 第3調査区の試掘調査で、縄文時代後期末から晩期前葉の遺物包含層より線刻れきが発見された。

●1998/7/24 最古の水さらし場遺構発見 ★

 第1調査区西側の小河川跡から木組の「水さらし場」が出土。縄文中期末のもので今まで発見されたものよりも相対的に古い。

●1998/6/26 縄文の鬼?「彫刻柱」出土 ★★★

●1998/6/24 平織状のござ?出土 ★

●1998/6/2 石棒出土 ★

●1998/5/26 出土遺物からサケ,マスの骨を発見 ★★

●1998/03/25 桜町遺跡調査等検討委員会及び専門部会の設置 ★★★

 桜町遺跡の大発見を期に、調査の円滑な進行を支援するため、著名人からなる検討委員会と専門家からなる専門部会を設置。桜町遺跡の調査の手法や方向性を議論していただくこととなった。

●1997/12/16 弓の本体発見 ★

●1997/10/31 朱塗りの木製鉢出土 ★★★

●1997/9/23 石斧の柄発見 ★★

●1997/9/7 遺跡の見学に2300人。 ★★★★

 コゴミを見に、多数の方々が訪れた。急きょ遺跡の内部に足場を組んで、対応。

●1997/9/6 コゴミを発見 ★★★★★

 縄文時代中期のものと思われる山菜の一種である「コゴミ」が出土。このほか,縄も発見。

●1997/9/4 縄文中期の大型高床建物建築部材発見 ★★★★★★★★★★

 第1調査区から柱に彫刻のある大型高床建物の建築部材や,網代壁,わたりあご仕口のある加工材,用途が謎のY字材などが多数出土した。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434