富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 教職員課 > 教員免許更新制について > 新免許状(有効期間の記載がある教員免許状)更新に係る手続き

教員免許更新制について

最終更新日:2017年4月5日

新免許状(有効期間の記載がある教員免許状)更新に係る手続き

教員免許更新に係る手続き

 新免許状 (平成21年4月以降に初めて免許状を授与された者の免許状)には、有効期間が記載されています。
(授与の所要資格を満たした年度の末日から10年間)

 新免許状の場合、受講対象者であるか否かにかかわらず、有効期間の満了日までに更新講習を受講・修了せず、有効期間を更新しなかった場合、所持する免許状は失効することになります。

 ただし、有効期間が経過して免許状失効となった場合であっても、所定時間分の更新講習を修了すれば、再び免許状の授与を受けることができます。


【現職教員等の手続きについて】
○現職教員
 免許状記載の有効期間満了日の2ヶ月前までに所定の手続きを行ってください。
○今後教員(講師含む。以下「教員」という。)を志望される方
 更新手続きを行わず有効期間が経過し、免許状が失効した場合、教員になる前までに免許状更新講習の修了・免許状の授与申請が必要となります。
 そのため、あらかじめ講習を受講し、有効期間更新申請をしていただくことをお勧めいたします。

1 各申請の概要

 新免許状所持者(平成21年4月以降に初めて免許状を授与された者)は、下記のうち該当の申請を行ってください。
 各申請に必要な書類・様式等は、別添関連ファイル及び関連リンクで確認してください。

手続きの種類 該当者 申請時期 手数料
(1)有効期間更新申請(更新講習の修了によるもの) 更新講習(30時間以上)を受講・修了し、大学等から証明書を受け取った者 有効期間満了日の2年2月前〜2月前(H26.3.31が満了日の者→H26.1.31まで) 3,300円
(2)有効期間更新申請(更新講習受講免除によるもの) 免除対象となっている者
・校長、教頭
・教員を指導する立場にある者
・優秀教員表彰者 等
有効期間満了日の2年2月前〜2月前(H26.3.31が満了日の者→H26.1.31まで) 3,300円
(3)有効期間延長申請書 延長事由がある者
・病気休暇、育児休業中の場合
・在外施設や外国の教育施設で教育に従事している場合 等
(新免許状を複数有する場合は、最後に到来する有効期間満了日が自動的に全ての免許状の有効期間満了日になるため、そのことを理由とした延長申請は不要です。)
延期事由が生じた日〜有効期間満了日の2月前(H26.3.31が満了日の者→H26.1.31まで) 2,000円
(4)免許状失効後の免許状授与(教育職員検定)申請 新免許状所持者で、有効期間を満了し免許状が失効した後、更新講習(30時間以上)を受講・修了し、大学等から証明書を受け取った者 随時 授与 3,300円
検定 5,000円

2 申請方法

 各様式に添付書類を添えて、郵送又は持参して下さい。(県庁メールカーで送付可)なお、学校職員は学校を通じて申請して下さい。
(1)国立、県立、私立学校の職員
   申請者→学校長→教職員課
(2)市町村立学校の職員
   申請者→学校長→地教委→教育事務所→教職員課
(3)その他の者
   申請者→教職員課

※証明書の受取は、申請経路の逆になります。
 証明書の郵送を希望される場合は、430円分の切手をはった角2号(A4サイズの用紙が入る大きさ)封筒に受取先の郵便番号、住所及び氏名を記入のうえ、同封して下さい。

【 情報発信元 】
教育委員会 教職員課 電話:076-444-3439  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 教職員課
電話:076-444-3439